2006.03.25

遠赤外線サウナ温熱療法が慢性心不全患者の交感神経活性を改善

 鹿児島大学循環器呼吸器代謝内科学教授の鄭忠和氏らの研究グループは、60度の遠赤外線サウナ温熱療法を繰り返すことで慢性心不全患者の亢進した交感神経活性を低減できることを見出した。研究グループは60度の遠赤外線サウナ温熱療法が慢性心不全患者の心血管内皮の機能を改善することを既に報告しているが、そのメカニズムが明らかになったことになる。また、温熱療法は交感神経活性を低減するだけでなく、グレリンの分泌を促進することでも心不全の改善に寄与していると考えている。成果は3月25日に名古屋市で開催された日本循環器学会総会のOral Presentation(English)28「Heart failure,clinical-1」で研究グループの池田義之氏(写真)が発表した。

 研究グループの温熱療法は、1日1回60度の遠赤外線サウナの中に置いたベッドに15分横たわったあと、通常のベッドで毛布をかけてさらに30分間横たわるというもの。患者の体温は37度程度に維持される。この温熱療法を週に5日、2週間行い効果を調べた。30人の慢性心不全患者のうち20人に温熱療法を行い、残り10人は対照群として、サウナに要する時間の間、24度に設定された部屋のベッドに横たわってもらった。

 その結果、2週間の温熱療法を受けた群では心胸郭比、血漿中脳型ナトリウム利尿ペプチド濃度、左心室駆出分画率(LVEF)の改善が見られた。さらに、交換神経の活性をノルエピネフリンのレベルと心拍間隔変動係数(SDNN)で調べたところ、ノルエピネフリンレベルは減少し、SDNNは増加し、交感神経活性の亢進が低減できた。対照群では有意な変化はなかった。

 なお温熱療法をミストサウナや高温の入浴で行おうとすると温度刺激がストレスになってしまい、有効ではないという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27