2006.03.24

冠攣縮性狭心症患者の再入院の目安に血管内皮機能に関わる遺伝子変異が有用

 器質的狭窄のない冠攣縮性狭心症では、血管内皮機能の低下に関与する遺伝子T-786の変異が患者が再入院するかどうかの目安になることを、熊本大学大学院医学薬学研究部循環器病態学助教授の吉村道博氏を中心とした研究グループが明らかにした。この成果は第70回記念日本循環器学会総会・学術集会で発表された。

 虚血性心疾患において日本人では冠攣縮の発生頻度が欧米人に比べて3〜4倍も高く、その背景には遺伝子要素が関わるといわれている。同研究グループは、血管内皮型一酸化窒素合成酵素(eNOS)遺伝子がその一つであることを明らかにしている。今回の研究対象は冠攣縮性狭心症で入院したことのある患者265人、年齢はおよそ62.5歳。フォローアップ期間は平均72.5カ月。この間、再入院したのは41人。患者の9割以上がカルシウム拮抗薬を服用しているが、なお胸痛を感じ再入院した人が約2割を占めたことになる。

 遺伝子多型で分けると、-786T/Tが200人、-786T/Cが60人、-786C/Cが5人だった。再入院した41人のうち、-786T/Cの遺伝子変異があったのは39%で、再入院しなかった224人では22%と少なかった。また器質的狭窄の有無で比べると、器質的狭窄のある冠攣縮性狭心症では、糖尿病、高血圧、高コレステロール血症が再入院と関連性のあることが示された。一方、器質的狭窄のない冠攣縮性狭心症では、-786T/C遺伝子変異が再入院者では48%、非再入院者では24%に見られ、この遺伝子変異が再入院に強く関わっていることがわかった。

 この結果から、発表した西嶋方展氏(写真)は、「-786T/C遺伝子多型は器質的狭窄のない患者が再入院する要因のひとつである」と結論づけていた。(八倉巻尚子、医療ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:367
  2. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:8
  3. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:232
  4. 小型植え込み心電計が小型すぎてヤバい 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:226
  5. 意識の高い大学は新「大学入学共通テスト」をどう見… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:2
  6. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:10
  7. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:6
  8. 低体重者のOGTT、血糖上昇は生理的反応を含む 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:2
  9. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:10
  10. ペレックスの指導で垣間見た指導官の思い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:26