2006.03.24

カシス果汁の多糖類に強い抗腫瘍効果、メルシャンが確認

 メルシャンはこのほど、同社商品開発研究所が、カシス果汁に含まれる多糖類に強い抗腫瘍作用があることを動物実験で確認したと発表した。研究成果は日本農芸化学会大会で3月26日に報告する。

 研究グループは、カシスに含まれる多糖類(CAPS:カシスポリサッカライド)を1週間毎日経口投与した後、腫瘍細胞(エールリッヒ腹水がん)を移植し、さらに2週間CAPSを毎日、経口投与した。その後、腫瘍を摘出し、重量を測定した。

 その結果、CAPS投与群は対照群に対し、腫瘍増殖を51%抑制した。カシス果汁では45%だった。この結果は、抗がん剤のピシバニール(64%抑制)やアドリアマイシン(62%抑制)を投与した群と遜色がなく、対照群に対し、いずれも有意に強く抑制されたという。

 本件についてのメルシャンのプレスリリースはこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:28
  2. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:56
  3. 85歳女性。尿バッグの変色 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:5
  4. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:290
  5. ナースが外でついやってしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:79
  6. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:59
  7. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  8. 色好みの秀吉に女を世話した侍医 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  9. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:170
  10. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:69
医師と医学研究者におすすめの英文校正