2006.03.24

日本の女性にとって、喫煙は急性心筋梗塞を招く最も重要な危険因子

 日本の女性にとって、喫煙は急性心筋梗塞を招く最も重要な危険因子であることが報告された。熊本大学循環器病態学の河野宏明氏(写真)が3月24日、シンポジウム「わが国の喫煙の現状と循環器疾患に対するリスクと対策」で発表した。

 研究グループは急性心筋梗塞(AMI) の危険因子を探るため、日本人のAMI症例を対象にケース‐コントロール研究を行った。危険因子は、初回AMIの1925症例(28〜103歳、男性1353人、女性572人)を対象に分析した。対照群は、年齢と性を調整した2279例。
 
 その結果、高血圧(オッズ比4.80、p<0.01)、糖尿病(オッズ比3.44、p<0.01)そして現在の喫煙(オッズ比3.39、p<0.01)が、AMIを発症する独立した危険因子だった。

 特に女性に注目すると、現在の喫煙(オッズ比8.22、p<0.01)、糖尿病(オッズ比6.12、p<0.01)、高血圧(オッズ比5.04、p<0.01)となった。これらの結果をもとに研究グループは、「女性においては、現在の喫煙は、急性心筋梗塞を招く最も重要な危険要因のうちの1つである」と警告した。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:255
  2. ドラマ「コード・ブルー」が始まったけど… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:430
  3. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:35
  4. 「棒」摘出を巡る、一生忘れられないある体験 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:6
  5. 外勤で手を抜いてない? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  6. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:17
  7. 日本病院会認定の「病院総合医」来春から養成 卒後6年以上の医師を対象、研修期間は原則2年 FBシェア数:90
  8. シャンプー、ゲル…頭部乾癬用薬の新剤形が続々 トレンド◎患者の利便性向上や副作用の軽減に期待 FBシェア数:67
  9. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:51
  10. やっぱり必要、診療情報提供書 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:46