2006.03.24

日本の女性にとって、喫煙は急性心筋梗塞を招く最も重要な危険因子

 日本の女性にとって、喫煙は急性心筋梗塞を招く最も重要な危険因子であることが報告された。熊本大学循環器病態学の河野宏明氏(写真)が3月24日、シンポジウム「わが国の喫煙の現状と循環器疾患に対するリスクと対策」で発表した。

 研究グループは急性心筋梗塞(AMI) の危険因子を探るため、日本人のAMI症例を対象にケース‐コントロール研究を行った。危険因子は、初回AMIの1925症例(28〜103歳、男性1353人、女性572人)を対象に分析した。対照群は、年齢と性を調整した2279例。
 
 その結果、高血圧(オッズ比4.80、p<0.01)、糖尿病(オッズ比3.44、p<0.01)そして現在の喫煙(オッズ比3.39、p<0.01)が、AMIを発症する独立した危険因子だった。

 特に女性に注目すると、現在の喫煙(オッズ比8.22、p<0.01)、糖尿病(オッズ比6.12、p<0.01)、高血圧(オッズ比5.04、p<0.01)となった。これらの結果をもとに研究グループは、「女性においては、現在の喫煙は、急性心筋梗塞を招く最も重要な危険要因のうちの1つである」と警告した。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:409
  2. 新検査法の登場で百日咳の診断が変わる トレンド◎ガイドラインも改訂、早期診断・治療が可能に FBシェア数:284
  3. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  4. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:103
  5. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:472
  6. ディオバン事件告発の「成果」──結審を迎えて 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:40
  7. ヒトの健康と腸内細菌叢に関する最新情報 NEJM誌から FBシェア数:229
  8. ロラタジンが要指導医薬品に指定 ペミロラストカリウム点眼は要指導から第1類へ FBシェア数:65
  9. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  10. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:82