2006.03.24

シロリムス溶出ステントではCTOでも非CTO並みの長期開通率を維持できる

 シロリムス溶出ステントを慢性完全閉塞病変(CTO)の開通に使用した場合、長期の開通率は慢性完全閉塞でない病変(non-CTO)と同等に維持できることが示された。従来のベアメタルステントでは、non-CTOに比べてCTOの開通率が低いことが問題とされていたが、シロリムス溶出ステントを利用すれば同等の開通率を得られることになり、バイパス手術を減らすことにつながる可能性がある。成果は3月24日に名古屋市で開催された日本循環器学会のFeatured Research Session in English 5「New PCI-1」で湘南鎌倉総合病院心臓センターの金田秀昭氏(写真)、斎藤滋氏らによって発表された。

 研究グループはシロリムス溶出ステントを埋め込んだ285人の患者(408領域)について8カ月間のフォローアップを行った。285人のうち40人がCTOで245人(368領域)がnon-CTOだった。血管造影による8カ月間のフォローアップは全体の74%にあたる212人の患者で行うことができた。

 その結果、使用したステントの数、長さについてはCTO群とnon-CTO群で異なっていたにもかかわらず、標的病変部血行再建率(TLR)は、non-CTO群で368領域中10領域の4%で、CTO群は40領域中1例で3%と、ほぼ同等の結果を示した。標的血管再建術 (TVR)率でも、non-CTO群で368領域中27領域の7%、CTO群では40領域中3例で8%とほぼ同等の結果となった。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
  3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
  5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
  6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
  8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
  10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22