2006.03.24

シロリムス溶出ステントではCTOでも非CTO並みの長期開通率を維持できる

 シロリムス溶出ステントを慢性完全閉塞病変(CTO)の開通に使用した場合、長期の開通率は慢性完全閉塞でない病変(non-CTO)と同等に維持できることが示された。従来のベアメタルステントでは、non-CTOに比べてCTOの開通率が低いことが問題とされていたが、シロリムス溶出ステントを利用すれば同等の開通率を得られることになり、バイパス手術を減らすことにつながる可能性がある。成果は3月24日に名古屋市で開催された日本循環器学会のFeatured Research Session in English 5「New PCI-1」で湘南鎌倉総合病院心臓センターの金田秀昭氏(写真)、斎藤滋氏らによって発表された。

 研究グループはシロリムス溶出ステントを埋め込んだ285人の患者(408領域)について8カ月間のフォローアップを行った。285人のうち40人がCTOで245人(368領域)がnon-CTOだった。血管造影による8カ月間のフォローアップは全体の74%にあたる212人の患者で行うことができた。

 その結果、使用したステントの数、長さについてはCTO群とnon-CTO群で異なっていたにもかかわらず、標的病変部血行再建率(TLR)は、non-CTO群で368領域中10領域の4%で、CTO群は40領域中1例で3%と、ほぼ同等の結果を示した。標的血管再建術 (TVR)率でも、non-CTO群で368領域中27領域の7%、CTO群では40領域中3例で8%とほぼ同等の結果となった。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449