2006.03.24

動脈の硬さの指標である大動脈脈波速度が心血管死の予測因子となる可能性

 動脈の硬さの指標となる大動脈脈波速度(aPWV)が、心血管死の予測因子となる可能性が報告された。広島市医師会臨床検査センター内科の井上典子氏らが3月24日、セッション「Atherosclerosis, clinical-6」で発表した。

 研究グループは、大動脈脈波速度と心血管死との関係を明らかにする目的で、50〜69歳までの一般男性3996人(平均年齢61.0±5.5歳)を対象に、1988年から2004年まで追跡調査した(平均追跡期間は8.7年、2〜15年)。

 分析では、対象者をaPWV値に基づいて4グループに分け比較検討した。4分位分析で分類したところ、Q1が5.5〜7.4m/s(924人)、Q2が7.5〜8.1m/s(1035人)、Q3が8.2〜8.9m/s(958人)、Q4が9.0〜14.7m/s(1079人)となった。また死因については、死亡証明書に基づいて判断し、病歴による裏付けもとった。

 調査の結果、435例の死亡が確認され、そのうち心血管死は114例だった。

 各グループごとの総死亡率は、Q1で10.5/1000人年、Q2で11.0、Q3で15.3、Q4で21.3と、Q4グループがもっとも高く、Q1に比べて有意に高かった(p<0.05)。また心血管疾患による死亡率の方は、Q1で1.84/1000人年、Q2で2.31、Q3で3.86、Q4で5.83と、こちらもQ4グループがQ1に比べて有意に高かった(p<0.05)。

 Kaplan-Meierの生存率曲線を求めると、aPWV値が高いグループほど生存率が悪いことが明らかだった。

 また、コックス比例ハザードモデルによる分析では、aPWV値が高いグループほど、総死亡リスクも心血管死リスクも、ともに高いことが分かった。総死亡では、Q1に対する相対リスクはQ2が1.06、Q3が1.22(p<0.01)、Q4が1.31(p<0.0001)だった。一方の心血管死では、Q1に対する相対リスクはQ2が1.26、Q3が1.45(p<0.05)、Q4が1.51(p<0.0001) だった。特にQ4における差は、年齢や血圧、BMIのほか心血管疾患に関連するほかの因子で調整した後でも、有意のままだった。

 これらの結果から研究グループは、「日本人の一般的な集団において、大動脈脈波速度は、心血管死の予測因子となりうる」と結論づけた。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:24
  2. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:92
  4. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:22
  5. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:15
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:498
  7. インフル検査「陰性」こそ要注意 Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:163
  8. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:35
  9. 上行から弓部大動脈置換術の技を学ぶ―その3 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:74
  10. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正