2006.03.24

新たなアレルギー性結膜炎治療薬開発へ 参天が小野薬とPDE4阻害薬導入契約を締結

 参天製薬と小野薬品工業は3月22日、炎症性細胞の活性化に関与するホスホジエステラーゼ4(PDE4)を阻害する新たな眼科薬の開発について、ライセンス契約を締結したと発表した。

 新たに開発を行うのは、小野薬品が創製し、呼吸器疾患治療薬として開発を進めているPDE4阻害薬「ONO-6126」。アレルギー性結膜炎では、花粉やハウスダストなどの抗原が眼内に入ることで炎症性細胞が活性化し、掻痒感や充血、流涙などの症状を引き起こす。ONO-6126は基礎研究段階で、アレルギー性結膜炎に改善効果を示すことが確認されている。

 参天製薬は契約により、日本国内で眼科薬として独占的に製造、開発、販売する権利を確保する。小野薬品は、契約一時金と開発の段階に応じたマイルストン金、売上高に応じたロイヤルティを受け取る。海外での開発、製造、販売の権利は小野薬品が留保する。

 本発表についての両社の共同プレスリリースはこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 「診療科の転科に伴うリスクやお勧めの立ち回り方は… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:21
  3. IT化し過ぎて伝達ミスが多発します… 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:34
  4. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:13
  5. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:157
  6. 理想は「自分に甘く、他人にも甘い」人 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:38
  7. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:95
  8. 汚部屋で眠るハルコさん ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:76
  9. フレイル高齢者の処方、医師の8割が見直し 医師1000人に聞きました FBシェア数:25
  10. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
医師と医学研究者におすすめの英文校正