2006.03.24

【インフルエンザ速報】報告数減少続く、24府県は警報/注意報地域なくなる――インフルエンザレベルマップ2006年10週分から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが3月22日に発表したインフルエンザレベルマップ第10週分(2006年3月6日〜3月12日)によると、インフルエンザ様疾患の定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)は第4週をピークに減少が続いており、本週の全国平均値は5.52になった。警報レベルを超えているのは15道府県の51地域(前週は85地域)、注意報レベルだけを超えている地域は、わずかに増えて15都道県の30地域(前週は27地域)になった。都道府県別では、高知県(41.8)、長野県(14.6)、新潟県(13.3)、北海道(12.8)などが多い。

 2005年第36週以降に検出されたインフルエンザウイルスは、ソ連型(AH1)が748件、香港型(AH3)が2802件、B型は66件となっている。

 インフルエンザ流行レベルマップは感染症情報センターWebサイトのこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54