2006.03.22

【インフルエンザ速報】患者数の減少はなだらかに、学級閉鎖などは300切る――学校患者数報告第16報

 国立感染症研究所の感染症情報センターが発表した2006年3月17日付けのインフルエンザ様疾患発生報告の2005−2006年シーズン第16報によると、2006年3月5日〜3月11日には、全国の学校などにおける児童・生徒の患者数は前報の7552人からほぼ1000人、約13%減少して6554人になった。ここ数週間続いていた毎週4割前後の大幅な減少はややペースが緩んだ格好だ。今シーズンの累計患者数は21万3718人になった。欠席者数は、前週の4201人から3910人に減った。学級閉鎖などがあった施設は計283校で、このうち、学級閉鎖は全国で178校、学年閉鎖93校、休校は12校だった。

 第16報の詳細は感染症情報センターWebサイトのこちらで閲覧できる(PDFファイル)。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「脱水」は2つに大別して考える カデット特集●シーズン前に押さえよう 脱水の基本 FBシェア数:263
  2. 熱中症の診療はFIRE! カデット特集●シーズン前に押さえよう 脱水の基本 FBシェア数:126
  3. 高Na・低Na血症で覚えておきたい計算式 カデット特集●シーズン前に押さえよう 脱水の基本 FBシェア数:70
  4. 予約制で1日40人、念願のきめ細やかな診療実現 ルポ:50代の転職(3)◎完全予約制の小児科を開業 FBシェア数:67
  5. 「私、ゲイですが、膀胱癌といわれて……」 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:65
  6. 裏には何かある! 「合わない」情報への対処法 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:9
  7. 渡邊剛氏の大動脈弁置換術を動画でみる 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:208
  8. エカードとユニシアの併用処方は何が問題? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:42
  9. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:95
  10. ニボルマブはNSCLC第1選択薬の優位示せず NEJM誌から FBシェア数:67