2006.03.22

【インフルエンザ速報】患者数の減少はなだらかに、学級閉鎖などは300切る――学校患者数報告第16報

 国立感染症研究所の感染症情報センターが発表した2006年3月17日付けのインフルエンザ様疾患発生報告の2005−2006年シーズン第16報によると、2006年3月5日〜3月11日には、全国の学校などにおける児童・生徒の患者数は前報の7552人からほぼ1000人、約13%減少して6554人になった。ここ数週間続いていた毎週4割前後の大幅な減少はややペースが緩んだ格好だ。今シーズンの累計患者数は21万3718人になった。欠席者数は、前週の4201人から3910人に減った。学級閉鎖などがあった施設は計283校で、このうち、学級閉鎖は全国で178校、学年閉鎖93校、休校は12校だった。

 第16報の詳細は感染症情報センターWebサイトのこちらで閲覧できる(PDFファイル)。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:346
  3. 10歳男児。咽頭違和感、全身掻痒感、呼吸困難 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  4. 流行ウイルスはAH3? それともAH1pdm09… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:163
  5. 「スポーツ98%です!」どういう意味か分かります… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  6. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:34
  7. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:200
  8. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  9. 免許更新時、認知症の診断ができないケースとは プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:16
  10. 抗菌薬の適正使用が最も進んでいる診療科は? 医師1000人に聞きました FBシェア数:57