2006.03.22

アゼルバイジャンでH5N1亜型トリインフルエンザウイルス感染 7人陽性うち5人死亡

 アゼルバイジャン共和国で、H5N1亜型トリインフルエンザウイルスの人への感染が7人で確認された。このうち5人が死亡している。3月21日付けで世界保健機関(WHO)が発表した。WHOの累計では、2003年以降の死亡例は103例となり、100例を超えてしまった。

 発表によると、英国のWHO共同研究所での検査の結果、アゼルバイジャン保健省から提供された11人の患者サンプルのうち、7例が陽性だった。このうち6例は、同国南東部のSalyan Rayonに住んでいた。

 Salyanの6例のうち4例が死亡。第1例目は17歳の女性で2月23日に死亡した。第2例目は第1例の従兄弟にあたる20歳の女性で3月3日に死亡。3月8日には、彼女らの親友である17歳の女性が、3月10日には第2例目の16歳の弟が、それぞれ死亡している。これらの4例は、生活圏が重なっていたという。感染ルートは現在調査中。

 このほかSalyanでは、10歳の少年(回復)と15歳の女性(重体で入院中)が陽性だった。

 残りの1例は、Tarterの西レーヨンで確認された症例で、21歳の女性だった。3月9日に死亡している。

 高病原性H5N1亜型トリインフルエンザは2月9日に、首都バクー近郊の沿岸地域で発見された野鳥で初めて確認。アゼルバイジャンは2月24日に、Khyzy(北東部)とBilasuvar(Salyan の近く)の農場において家禽から感染を検出したと発表していた。そのため、約30万羽が殺処分された。

 今回死亡が確認された症例がこうした感染家禽に触れていたかどうかは、今のところ確認されていない。

 WHOのニュースリリースはこちら。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13