2006.03.22

アゼルバイジャンでH5N1亜型トリインフルエンザウイルス感染 7人陽性うち5人死亡

 アゼルバイジャン共和国で、H5N1亜型トリインフルエンザウイルスの人への感染が7人で確認された。このうち5人が死亡している。3月21日付けで世界保健機関(WHO)が発表した。WHOの累計では、2003年以降の死亡例は103例となり、100例を超えてしまった。

 発表によると、英国のWHO共同研究所での検査の結果、アゼルバイジャン保健省から提供された11人の患者サンプルのうち、7例が陽性だった。このうち6例は、同国南東部のSalyan Rayonに住んでいた。

 Salyanの6例のうち4例が死亡。第1例目は17歳の女性で2月23日に死亡した。第2例目は第1例の従兄弟にあたる20歳の女性で3月3日に死亡。3月8日には、彼女らの親友である17歳の女性が、3月10日には第2例目の16歳の弟が、それぞれ死亡している。これらの4例は、生活圏が重なっていたという。感染ルートは現在調査中。

 このほかSalyanでは、10歳の少年(回復)と15歳の女性(重体で入院中)が陽性だった。

 残りの1例は、Tarterの西レーヨンで確認された症例で、21歳の女性だった。3月9日に死亡している。

 高病原性H5N1亜型トリインフルエンザは2月9日に、首都バクー近郊の沿岸地域で発見された野鳥で初めて確認。アゼルバイジャンは2月24日に、Khyzy(北東部)とBilasuvar(Salyan の近く)の農場において家禽から感染を検出したと発表していた。そのため、約30万羽が殺処分された。

 今回死亡が確認された症例がこうした感染家禽に触れていたかどうかは、今のところ確認されていない。

 WHOのニュースリリースはこちら。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  2. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:444
  3. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:5
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:259
  5. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  6. WELQと日経メディカルはどこが違うのか 記者の眼 FBシェア数:3
  7. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  8. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:481
  9. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:106
  10. 同日入院の2人 DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:13