2006.03.22

アゼルバイジャンでH5N1亜型トリインフルエンザウイルス感染 7人陽性うち5人死亡

 アゼルバイジャン共和国で、H5N1亜型トリインフルエンザウイルスの人への感染が7人で確認された。このうち5人が死亡している。3月21日付けで世界保健機関(WHO)が発表した。WHOの累計では、2003年以降の死亡例は103例となり、100例を超えてしまった。

 発表によると、英国のWHO共同研究所での検査の結果、アゼルバイジャン保健省から提供された11人の患者サンプルのうち、7例が陽性だった。このうち6例は、同国南東部のSalyan Rayonに住んでいた。

 Salyanの6例のうち4例が死亡。第1例目は17歳の女性で2月23日に死亡した。第2例目は第1例の従兄弟にあたる20歳の女性で3月3日に死亡。3月8日には、彼女らの親友である17歳の女性が、3月10日には第2例目の16歳の弟が、それぞれ死亡している。これらの4例は、生活圏が重なっていたという。感染ルートは現在調査中。

 このほかSalyanでは、10歳の少年(回復)と15歳の女性(重体で入院中)が陽性だった。

 残りの1例は、Tarterの西レーヨンで確認された症例で、21歳の女性だった。3月9日に死亡している。

 高病原性H5N1亜型トリインフルエンザは2月9日に、首都バクー近郊の沿岸地域で発見された野鳥で初めて確認。アゼルバイジャンは2月24日に、Khyzy(北東部)とBilasuvar(Salyan の近く)の農場において家禽から感染を検出したと発表していた。そのため、約30万羽が殺処分された。

 今回死亡が確認された症例がこうした感染家禽に触れていたかどうかは、今のところ確認されていない。

 WHOのニュースリリースはこちら。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:6
  2. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:8
  3. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:1
  4. β遮断薬:カルベジロールに4割弱の支持集まる NMO処方サーベイ FBシェア数:103
  5. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  6. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  7. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0
  8. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:9
  9. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:303
  10. 心房細動のないHFpEF患者の一部は高率で脳卒中… Eur Heart J誌から FBシェア数:108