2006.03.18

FDAが膣鏡と併用する映像診断装置を承認、子宮頚癌前駆体の検出率を改善

 米国食品医薬品局(FDA)は3月16日、膣生検の際に膣鏡と併用し、子宮頚癌前駆体の検出率を上げる映像診断装置「LUMA Cervical Imaging System」を承認した。従来の膣鏡のみでは、子宮頚癌前駆体の検出率は50例中41例に留まったが、LUMAの併用で同検出率は50例中50例に改善したという。

 LUMAは、膣に光を当て、その反応によって子宮頚癌前駆体の存在する可能性の高い部位についての判断材料を提供する。医師は、パプスミアの結果が異常な女性に対し、膣生検を行う前に、まず従来通りの膣鏡を用い、生検すべき疑わしい部位を見極める。次にLUMAを使い、他にも生検をするべき部位がないかどうかを確かめる。両者を行った上で、生検を実施する。

 治験では、193人の被験者に対しLUMAを用い、その安全性と効果を確認したという。なおLUMAは膣鏡を代替するものではない。

 LUMAの製造元は、米MediSpectra社(マサチューセッツ州Lexington)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  2. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:21
  3. 中国で流行拡大、家禽類の感染まん延が原因か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:141
  4. 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017』最終案… リポート◎冠動脈疾患の発症を重視した動脈硬化治療の新指針 FBシェア数:264
  5. 株式投資なんてギャンブルでしょ…は誤解! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  6. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  7. 「入局は決めたけど、やりたいことはありません」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  9. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside FBシェア数:43