2006.03.18

FDAが膣鏡と併用する映像診断装置を承認、子宮頚癌前駆体の検出率を改善

 米国食品医薬品局(FDA)は3月16日、膣生検の際に膣鏡と併用し、子宮頚癌前駆体の検出率を上げる映像診断装置「LUMA Cervical Imaging System」を承認した。従来の膣鏡のみでは、子宮頚癌前駆体の検出率は50例中41例に留まったが、LUMAの併用で同検出率は50例中50例に改善したという。

 LUMAは、膣に光を当て、その反応によって子宮頚癌前駆体の存在する可能性の高い部位についての判断材料を提供する。医師は、パプスミアの結果が異常な女性に対し、膣生検を行う前に、まず従来通りの膣鏡を用い、生検すべき疑わしい部位を見極める。次にLUMAを使い、他にも生検をするべき部位がないかどうかを確かめる。両者を行った上で、生検を実施する。

 治験では、193人の被験者に対しLUMAを用い、その安全性と効果を確認したという。なおLUMAは膣鏡を代替するものではない。

 LUMAの製造元は、米MediSpectra社(マサチューセッツ州Lexington)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:646
  2. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
  3. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:58
  5. 「ホワイト」認定を受けた病院の狙いと成果 記者の眼 FBシェア数:0
  6. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:230
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:152
  8. 厚労省に翻弄され続けた化血研、事業譲渡へ ニュース追跡◎化血研事件の顛末 FBシェア数:7
  9. 笛を吹かれる前に考えるべきことがあるだろう? 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  10. 眠れない患者さんにあげたいもの 病院珍百景 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正