2006.03.18

FDAが膣鏡と併用する映像診断装置を承認、子宮頚癌前駆体の検出率を改善

 米国食品医薬品局(FDA)は3月16日、膣生検の際に膣鏡と併用し、子宮頚癌前駆体の検出率を上げる映像診断装置「LUMA Cervical Imaging System」を承認した。従来の膣鏡のみでは、子宮頚癌前駆体の検出率は50例中41例に留まったが、LUMAの併用で同検出率は50例中50例に改善したという。

 LUMAは、膣に光を当て、その反応によって子宮頚癌前駆体の存在する可能性の高い部位についての判断材料を提供する。医師は、パプスミアの結果が異常な女性に対し、膣生検を行う前に、まず従来通りの膣鏡を用い、生検すべき疑わしい部位を見極める。次にLUMAを使い、他にも生検をするべき部位がないかどうかを確かめる。両者を行った上で、生検を実施する。

 治験では、193人の被験者に対しLUMAを用い、その安全性と効果を確認したという。なおLUMAは膣鏡を代替するものではない。

 LUMAの製造元は、米MediSpectra社(マサチューセッツ州Lexington)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正