2006.03.17

【インフルエンザ速報】報告数は順調に減少、全国平均で10以下に、インフルエンザレベルマップ2006年第9週分から

 インフルエンザの流行は今のところ順調に下火になりつつあるもようだ。国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年3月14日に発表したインフルエンザ流行レベルマップによると、インフルエンザの定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)の全国平均値は、2006年第9週(2月27日〜3月5日)には、前週の11.2から7.22へと減少した。

 警報レベルを超えた地域は、22都道府県の85地域(前週は36都道府県の174地域)に、注意報レベルだけを超えている地域は11道県の27地域(前週は26都道府県の64地域)になった。都道府県別では、高知県(44.3)、長野県(21.0)、新潟県(16.1)、富山県(14.9)、愛知県(14.8)が多い。

 インフルエンザウイルスの検出状況は、2005年第36週以降、ソ連型(AH1)が530例、香港型(AH3)が2402例、B型が31例報告されている。

 インフルエンザの注意報レベルは、保健所管轄地域単位の流行の規模を示すもので、1週間の定点あたり報告数が10を超えた段階を意味する。警報は同じく1週間の定点あたり報告数が30を超える状況を示す。ただし、注意報、警報とも10を下回った時点で解除される。都道府県が発令する注意報、警報とは異なる。

 インフルエンザ流行レベルマップ2006年第9週分はこちらで閲覧できる。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:435
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:94
  4. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  5. 今夜の夜勤は宿直手当でOK? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:107
  7. 三杯酢で超早期胃癌の発見ができる! 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:2
  8. 給与は年功で順当にアップ、その先は… Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  9. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ3》 FBシェア数:65