2006.03.17

【インフルエンザ速報】報告数は順調に減少、全国平均で10以下に、インフルエンザレベルマップ2006年第9週分から

 インフルエンザの流行は今のところ順調に下火になりつつあるもようだ。国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年3月14日に発表したインフルエンザ流行レベルマップによると、インフルエンザの定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)の全国平均値は、2006年第9週(2月27日〜3月5日)には、前週の11.2から7.22へと減少した。

 警報レベルを超えた地域は、22都道府県の85地域(前週は36都道府県の174地域)に、注意報レベルだけを超えている地域は11道県の27地域(前週は26都道府県の64地域)になった。都道府県別では、高知県(44.3)、長野県(21.0)、新潟県(16.1)、富山県(14.9)、愛知県(14.8)が多い。

 インフルエンザウイルスの検出状況は、2005年第36週以降、ソ連型(AH1)が530例、香港型(AH3)が2402例、B型が31例報告されている。

 インフルエンザの注意報レベルは、保健所管轄地域単位の流行の規模を示すもので、1週間の定点あたり報告数が10を超えた段階を意味する。警報は同じく1週間の定点あたり報告数が30を超える状況を示す。ただし、注意報、警報とも10を下回った時点で解除される。都道府県が発令する注意報、警報とは異なる。

 インフルエンザ流行レベルマップ2006年第9週分はこちらで閲覧できる。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:76
  2. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:156
  3. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:4
  4. 油断して言うと必ず何かが起こるアノ言葉!! 病院珍百景 FBシェア数:14
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:190
  6. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:4
  7. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:94
  8. 有名医学雑誌は編集者の利益相反対策が必要 BMJ誌から FBシェア数:10
  9. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:28
  10. 【漫画】手帳シールの拒否が招いたトラブル ガンバレ薬剤師 FBシェア数:43