2006.03.17

カルピスが同社初の美容系健康飲料 「ファインサポート セラミド&Q10」を4月新発売

 カルピスは4月17日に、飲むサプリメントとして展開中の「ファインサポート」シリーズの商品として、女性をターゲットにした同社初の美容系飲料を発売すると発表した。

 すでにグルコサミン、カルニチン、イソフラボンなどの機能性成分を含む製品を展開中だが、ここに「セラミド&Q10」を加え、美容を意識する若い世代、特に美意識の高い20〜30代の女性を取り込みたい考えだ。

 新発売の「ファインサポート セラミド&Q10」は1本100mLに、ビタミンCを100g含む栄養機能食品で、美容に効く成分として、コンニャク芋由来の保湿成分セラミドを600μg、抗酸化成分コエンザイムQ10を30mg含む。

 セラミドは皮膚の表皮の外側の角層に存在する成分で、皮膚内からの水分の喪失を防ぎ、外界からの異物の侵入を防ぐバリア機能を果たす。加齢に伴って皮膚のセラミドが減少すると、バリア機能も低下し、乾燥肌になりやすいといわれる。

 コンニャク芋由来のセラミドでは、ユニチカが1日600μgを2〜4週間とると肌の保湿力が高まるという研究データを報告している。カルピスでは1本にこの1日当たりの量である600μgを配合した。

 一方、コエンザイムQ10も30代ごろから1日30mg程度の摂取が推奨されることが多い。カルピスでは、空腹時に摂取しても吸収されやすい水溶化コエンザイムQ10として30mgを配合した。

 これらの成分をあわせて摂取することで、肌の保湿力、血流などを向上させ肌を美しくするのが狙いだ。

 甘味料には低カロリーの人工甘味料、アセスルファムK、スクラロースを採用。女性向けということを意識し、1本で15kcalとカロリーも抑えた。さらに、ローズヒップエキスで酸味を加え、後味がさっぱりとした飲み口になるように調整したという。
 「ファインサポート セラミド&Q10」は1本100mL、242円。販売はコンビニエンスストア、ドラッグストア、インターネット上の通信販売などで行われる。(熊介子、日経ヘルス)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
  2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:309
  3. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
  4. なぜ薬剤師はコテンパンに言われてしまうのか 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:268
  5. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:180
  6. 愚痴がいっしょ!! 病院珍百景 FBシェア数:28
  7. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 「辞めたい」の裏側の気持ち キャリアお悩み相談室 FBシェア数:47
  9. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:52
  10. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:293
医師と医学研究者におすすめの英文校正