2006.03.17

長瀬産業、ローズマリーに記憶力向上効果を発見 神経突起の伸張を促す、薬学会で報告

 長瀬産業は、植物のローズマリーの成分の一つカルノシン酸が、神経系の細胞に働きかけ、活性化させる効果があることを確認した。また、マウスにカルノシン酸の豊富なローズマリーエキスを与えることで記憶力が向上したというデータも得たという。これらの研究成果を日本薬学会の年次総会(3月28日〜30日:仙台市)で報告する予定だ。
 
 長瀬産業研究開発センター/ビューティケァ製品事業部では、長年、ローズマリーの含有成分による細胞の防御機構の活性化について調べてきた。その結果、防御システムの根幹となるNrf2という核内転写因子の活性化が重要であることを見出した。

 さらに、ローズマリー成分では、ジテルペノイド構造を持つカルノシン酸で、このNrf2活性化作用が非常に高いことを見出した。

 そこで、あらかじめNrf2活性が低く神経突起が出現しにくい神経細胞に対して、カルノシン酸を加える実験を行った。その結果、カルノシン酸を与えると神経突起の伸張が促されることを確認した。

 動物実験ながら、記憶力向上作用も確かめられた。カルノシン酸を豊富に含むローズマリーを取ったマウスと、ローズマリーを取っていないマウスを比較したところ、記憶力維持能力がカルノシン酸を含むローズマリーを取ったマウスで高くなっていたという。

 同社では、すでに食品や化粧品にローズマリー由来の成分を豊富に配合しているが、「アンチエイジング素材としてのローズマリーの有用性をさらに研究・確立していく」としている。(藤井省吾、日経ヘルス)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:6
  2. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:8
  3. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:1
  4. β遮断薬:カルベジロールに4割弱の支持集まる NMO処方サーベイ FBシェア数:103
  5. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  6. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  7. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0
  8. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:9
  9. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:303
  10. 心房細動のないHFpEF患者の一部は高率で脳卒中… Eur Heart J誌から FBシェア数:108