2006.03.17

進行大腸がんを対象にしたFOLFOX6の有効性が多施設フェーズ2試験で確認

 切除不能進行・再発大腸がんを対象に5FU、l-ロイコボリン、l-オキザリプラチンを併用投与するレジメンである「FOLFOX6」のわが国における多施設フェーズ2臨床試験で、欧米と同様の有効性かつ安全性が確認された。FOLFOX6は進行・再発大腸がんに対する国際的標準治療の一つとなっているが、わが国の多施設試験でも有効性が確認されたことから今後、普及が促進されることになる。FOLFOX6は、5FU、l-ロイコボリンの2日投与が必要なFOLFOX4に比べて来院回数を少なくすることができるため、外来治療に向いた方法である。成果は国立がんセンターなど12施設の共同研究から得られたもので、国立病院機構九州がんセンターの江崎泰斗氏(写真)が3月17日に大阪市で開催された日本臨床腫瘍学会総会のプレナリーセッション1で発表した。

 研究グループは、2005年4月から7月までに登録された化学療法歴を有する切除不能・再発進行がん患者51人を対象にFOLFOX6を行った。l-オキザリプラチン100mg/m2、l-ロイコボリン200mg/m2を2時間静注したあと、5FU400mg/m2を急速静注しさらに5FU2400mg/m2を持続静注した。2週を1コースとして増悪が確定するまで行われた。2006年3月1日現在で全例プロトコール治療が終了しており、プロトコール治療の中央値は6コースで、12コース完了したのは13.7%にあたる7例で、26例が原疾患の明らかな増悪、11例が有害事象によって治療が中止された。

 投与の結果、評価が可能であった49例について治療成功期間は133日、無増悪生存期間は161日、CRが1例、PRが6例確認され、奏効率は14.2%となった。全生存期間についてはまだデータ収集が終了していないため呈示されなかった。

 副作用では、感覚性末梢神経障害は42例にみられ、しかも蓄積性であった。グレード3/4の有害事象では、好中球減少症が43.2%と多くみられた。これらの有効性、副作用の結果は、既に報告されている欧米の臨床試験結果と同様のものだった。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:646
  2. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
  3. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:58
  5. 「ホワイト」認定を受けた病院の狙いと成果 記者の眼 FBシェア数:0
  6. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:230
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:152
  8. 厚労省に翻弄され続けた化血研、事業譲渡へ ニュース追跡◎化血研事件の顛末 FBシェア数:7
  9. 笛を吹かれる前に考えるべきことがあるだろう? 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  10. 眠れない患者さんにあげたいもの 病院珍百景 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正