2006.03.17

さかまつげ術後、アジスロマイシン1回投与で再発率が大幅削減

 さかまつげの術後、アジスロマイシンを1回、経口投与することで、従来のテトラサイクリン点眼薬の6週間投与に比べ、再発率がおよそ3分の1削減できることが明らかになった。これは、米国立衛生研究所(NIH)の下部組織であるNational Eye Institute (NEI)が行った治験結果で明らかになったもので、Archives of Ophthalmology誌3月号で発表された。

 エチオピアで行われた治験では、さかまつげの患者1452人を3群に分け、ひとつの群には術後に経口アジスロマイシン1gを1回投与、別の群には患者とその家族に経口アジスロマイシン(20mg/kgで最大1gまで)を投与、もう一つの群には従来の予防法であるテトラサイクリン点眼薬を1日2回、6週間投与した。

 術後1年間のさかまつげ再発率について比較したところ、アジスロマイシンの患者のみ投与群と家族投与群を合わせた再発率は、6.9人/100人・年だった。一方、テトラサイクリン群の再発率は、10.3人/100人・年と、有意に高かった(p=0.047)。なお、アジスロマイシン投与については、患者のみに投与した場合と、その家族にも投与した場合で、その再発率には有意差は見られなかった。

 さかまつげは、予防が可能な失明の原因としては、最大のものとして知られている。その原因となるトラコーマは、経済的に貧しく、人口密度が高く、清潔な水が入手困難な地域で多く見られる。同研究グループによると、トラコーマの罹患率が高い国の多くでは、アジスロマイシンが無料で提供されているという。

 詳しくは、NIHのプレスリリース、またはArchives of Ophthalmology誌の アブストラクトまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1