2006.03.17

さかまつげ術後、アジスロマイシン1回投与で再発率が大幅削減

 さかまつげの術後、アジスロマイシンを1回、経口投与することで、従来のテトラサイクリン点眼薬の6週間投与に比べ、再発率がおよそ3分の1削減できることが明らかになった。これは、米国立衛生研究所(NIH)の下部組織であるNational Eye Institute (NEI)が行った治験結果で明らかになったもので、Archives of Ophthalmology誌3月号で発表された。

 エチオピアで行われた治験では、さかまつげの患者1452人を3群に分け、ひとつの群には術後に経口アジスロマイシン1gを1回投与、別の群には患者とその家族に経口アジスロマイシン(20mg/kgで最大1gまで)を投与、もう一つの群には従来の予防法であるテトラサイクリン点眼薬を1日2回、6週間投与した。

 術後1年間のさかまつげ再発率について比較したところ、アジスロマイシンの患者のみ投与群と家族投与群を合わせた再発率は、6.9人/100人・年だった。一方、テトラサイクリン群の再発率は、10.3人/100人・年と、有意に高かった(p=0.047)。なお、アジスロマイシン投与については、患者のみに投与した場合と、その家族にも投与した場合で、その再発率には有意差は見られなかった。

 さかまつげは、予防が可能な失明の原因としては、最大のものとして知られている。その原因となるトラコーマは、経済的に貧しく、人口密度が高く、清潔な水が入手困難な地域で多く見られる。同研究グループによると、トラコーマの罹患率が高い国の多くでは、アジスロマイシンが無料で提供されているという。

 詳しくは、NIHのプレスリリース、またはArchives of Ophthalmology誌の アブストラクトまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4