2006.03.17

さかまつげ術後、アジスロマイシン1回投与で再発率が大幅削減

 さかまつげの術後、アジスロマイシンを1回、経口投与することで、従来のテトラサイクリン点眼薬の6週間投与に比べ、再発率がおよそ3分の1削減できることが明らかになった。これは、米国立衛生研究所(NIH)の下部組織であるNational Eye Institute (NEI)が行った治験結果で明らかになったもので、Archives of Ophthalmology誌3月号で発表された。

 エチオピアで行われた治験では、さかまつげの患者1452人を3群に分け、ひとつの群には術後に経口アジスロマイシン1gを1回投与、別の群には患者とその家族に経口アジスロマイシン(20mg/kgで最大1gまで)を投与、もう一つの群には従来の予防法であるテトラサイクリン点眼薬を1日2回、6週間投与した。

 術後1年間のさかまつげ再発率について比較したところ、アジスロマイシンの患者のみ投与群と家族投与群を合わせた再発率は、6.9人/100人・年だった。一方、テトラサイクリン群の再発率は、10.3人/100人・年と、有意に高かった(p=0.047)。なお、アジスロマイシン投与については、患者のみに投与した場合と、その家族にも投与した場合で、その再発率には有意差は見られなかった。

 さかまつげは、予防が可能な失明の原因としては、最大のものとして知られている。その原因となるトラコーマは、経済的に貧しく、人口密度が高く、清潔な水が入手困難な地域で多く見られる。同研究グループによると、トラコーマの罹患率が高い国の多くでは、アジスロマイシンが無料で提供されているという。

 詳しくは、NIHのプレスリリース、またはArchives of Ophthalmology誌の アブストラクトまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 52歳男性。右顔面痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:149
  4. 内視鏡検査をAIで支援、悪性度も瞬時に判定 リポート◎AIが変える大腸内視鏡検査 FBシェア数:216
  5. 「患者への説明」に時間を充てすぎてはいけない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:628
  6. 10歳男児。咽頭違和感、全身掻痒感、呼吸困難 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  7. 抗菌薬の適正使用が最も進んでいる診療科は? 医師1000人に聞きました FBシェア数:47
  8. シンギュラリティ後を見越し、子どもをどう育てる?… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:4
  9. 医師の理想的なキャリアプランとは 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:143
  10. 今さら聞けない低血糖患者への対処法 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:102