2006.03.16

薬剤溶出ステントでもリスク変わらず、STEMI対象の大規模試験で判明

 ST上昇型急性心筋梗塞(STEMI)に対して、薬剤溶出性ステントを留置しても、心臓死や再梗塞の発症は従来ステントと変わらないことが分かった。これは、STEMI患者620人を対象に行われた前向きランダム化比較試験PASSION(Randomized Comparison of Paclitaxel eluting Stent versus Conventional Stent in STE-myocardial Infarction)の解析結果から明らかになったもの。オランダ・アムステルダムのOnze Lieve Vrouw Gasthuis循環器科のMauritis T. Dirksen氏が、第55回米国心臓病学会の「i2 summit late breaking clinical trials」セッションで発表した。心臓発作の中で最も重篤なSTEMIに対するDESの有効性について検証したのは今回が初めて。

 Dirksen氏らは、対象を従来ステント(BMS:bare-metal stent)留置群と薬剤溶出性ステント(DES:drug eluting stent)としてパクリタキセル溶出ステント留置群に無作為に分け、1年後の主要循環器イベントとして、心臓死、再梗塞、または標的病変再血行再建( TLR:target lesion revascularization )を主要エンドポイントとして検討した。両群で患者背景や血管造影所見などに有意差は見られなかった。

 その結果、1年後のMACEの発生率はBMS群12.6%、DES群で8.7%と後者で低かったものの有意差はなかった(p=0.12、ハザード比0.68)。心臓死または再梗塞の発症をみても、BMS群6.5%、DES群4.8%で両者に有意差はなかった(p=0.39、ハザード比0.74)。TLRの発生率については、試験開始後6カ月の時点ではDES群で有意に低かったものの(p=0.025)、1年後には有意差はなくなった(BMS群7.4%、DES群6.2%。p=0.23、ハザード比0.68)。

 以上の結果からDirksen氏は、「BMS群におけるMACEの発生率が当初の予想よりも低かった」ことを認めながらも、「MACEとTLRにおけるハザード比が0.68であり、これについては臨床上意味があるのではないか。今後は費用対効果も含め検討していく必要がある」と結論付けた。(井田恭子、日経メディカル)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176