2006.03.16

薬剤溶出ステントでもリスク変わらず、STEMI対象の大規模試験で判明

 ST上昇型急性心筋梗塞(STEMI)に対して、薬剤溶出性ステントを留置しても、心臓死や再梗塞の発症は従来ステントと変わらないことが分かった。これは、STEMI患者620人を対象に行われた前向きランダム化比較試験PASSION(Randomized Comparison of Paclitaxel eluting Stent versus Conventional Stent in STE-myocardial Infarction)の解析結果から明らかになったもの。オランダ・アムステルダムのOnze Lieve Vrouw Gasthuis循環器科のMauritis T. Dirksen氏が、第55回米国心臓病学会の「i2 summit late breaking clinical trials」セッションで発表した。心臓発作の中で最も重篤なSTEMIに対するDESの有効性について検証したのは今回が初めて。

 Dirksen氏らは、対象を従来ステント(BMS:bare-metal stent)留置群と薬剤溶出性ステント(DES:drug eluting stent)としてパクリタキセル溶出ステント留置群に無作為に分け、1年後の主要循環器イベントとして、心臓死、再梗塞、または標的病変再血行再建( TLR:target lesion revascularization )を主要エンドポイントとして検討した。両群で患者背景や血管造影所見などに有意差は見られなかった。

 その結果、1年後のMACEの発生率はBMS群12.6%、DES群で8.7%と後者で低かったものの有意差はなかった(p=0.12、ハザード比0.68)。心臓死または再梗塞の発症をみても、BMS群6.5%、DES群4.8%で両者に有意差はなかった(p=0.39、ハザード比0.74)。TLRの発生率については、試験開始後6カ月の時点ではDES群で有意に低かったものの(p=0.025)、1年後には有意差はなくなった(BMS群7.4%、DES群6.2%。p=0.23、ハザード比0.68)。

 以上の結果からDirksen氏は、「BMS群におけるMACEの発生率が当初の予想よりも低かった」ことを認めながらも、「MACEとTLRにおけるハザード比が0.68であり、これについては臨床上意味があるのではないか。今後は費用対効果も含め検討していく必要がある」と結論付けた。(井田恭子、日経メディカル)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25