2006.03.15

大正と日産化学共同開発の閉塞性動脈硬化症治療薬、米国臨床試験で良好な結果

 大正製薬と日産化学は3月14日、共同開発中の閉塞性動脈硬化症治療薬「NM-702」(日本での開発コード「NT-702」)に関し、米国で行った間歇性跛行に対する後期フェーズ2試験において、良好な結果が得られたと発表した。

 今回の臨床試験では、391人の患者を対象に6カ月間投与後、経過を観察。その結果、主要な評価指標である最大歩行時間の延長について、プラセボに対し、統計上の有意差が確認でき、その他の評価指標についてもNM-702の有効性を示す結果が得られたという。

 両社が日米で開発中のNM-702は、ホスフォジエステラーゼ阻害作用とトロンボキサン合成酵素阻害作用を併せ持つ経口剤。日本国内では、閉塞性動脈硬化症に伴う間歇性跛行、腰部脊柱管狭窄症に伴う間歇性跛行、気管支喘息についてフェーズ2試験を行っている。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198