2006.03.14

【日本胃癌学会速報】末期胃癌の閉塞症状改善に酢酸オクトレオチド

 第78回日本胃癌学会総会最終日の3月11日、末期胃癌患者の消化管閉塞症状の緩和に、酢酸オクトレオチドが有用だったとの報告があった。ポスターセッションで、横浜市の済生会若草病院外科の戸倉夏木氏が発表した。

 癌終末期には、消化管閉塞症状を起こすことが少なくない。実際、済生会若草病院では、消化器末期癌で死亡する患者の約3分の1から4分の1に腸閉塞があったという。癌性腹膜炎などによる嘔吐や腹痛は患者のQOLを損なうため、症状緩和が求められていた。

 酢酸オクトレオチドはソマトスタチンの誘導体で、2004年10月から進行・再発癌における消化管閉塞に伴う症状の改善が効能追加となり、一般病棟でも使用できるようになった。消化液の分泌抑制や、消化管内の水や電解質の吸収促進により、消化管症状を改善するとされている。

 戸倉氏は、これまで6例に酢酸オクトレオチドを使用、うち原疾患が胃癌だった2例を報告した。いずれも、投与後、水分や流動食の摂取が可能となり、輸液量も減少、疼痛も良好にコントロールできた。

 「2例とも、予後の見込みがかなり悪化してからの投与だったが、腸閉塞を来した早期から投与すれば、さらによい結果が得られたかもしれない」と戸倉氏は話している。(小又理恵子)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34