2006.03.14

【日本胃癌学会速報】末期胃癌の閉塞症状改善に酢酸オクトレオチド

 第78回日本胃癌学会総会最終日の3月11日、末期胃癌患者の消化管閉塞症状の緩和に、酢酸オクトレオチドが有用だったとの報告があった。ポスターセッションで、横浜市の済生会若草病院外科の戸倉夏木氏が発表した。

 癌終末期には、消化管閉塞症状を起こすことが少なくない。実際、済生会若草病院では、消化器末期癌で死亡する患者の約3分の1から4分の1に腸閉塞があったという。癌性腹膜炎などによる嘔吐や腹痛は患者のQOLを損なうため、症状緩和が求められていた。

 酢酸オクトレオチドはソマトスタチンの誘導体で、2004年10月から進行・再発癌における消化管閉塞に伴う症状の改善が効能追加となり、一般病棟でも使用できるようになった。消化液の分泌抑制や、消化管内の水や電解質の吸収促進により、消化管症状を改善するとされている。

 戸倉氏は、これまで6例に酢酸オクトレオチドを使用、うち原疾患が胃癌だった2例を報告した。いずれも、投与後、水分や流動食の摂取が可能となり、輸液量も減少、疼痛も良好にコントロールできた。

 「2例とも、予後の見込みがかなり悪化してからの投与だったが、腸閉塞を来した早期から投与すれば、さらによい結果が得られたかもしれない」と戸倉氏は話している。(小又理恵子)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13