2006.03.14

【日本胃癌学会速報】末期胃癌の閉塞症状改善に酢酸オクトレオチド

 第78回日本胃癌学会総会最終日の3月11日、末期胃癌患者の消化管閉塞症状の緩和に、酢酸オクトレオチドが有用だったとの報告があった。ポスターセッションで、横浜市の済生会若草病院外科の戸倉夏木氏が発表した。

 癌終末期には、消化管閉塞症状を起こすことが少なくない。実際、済生会若草病院では、消化器末期癌で死亡する患者の約3分の1から4分の1に腸閉塞があったという。癌性腹膜炎などによる嘔吐や腹痛は患者のQOLを損なうため、症状緩和が求められていた。

 酢酸オクトレオチドはソマトスタチンの誘導体で、2004年10月から進行・再発癌における消化管閉塞に伴う症状の改善が効能追加となり、一般病棟でも使用できるようになった。消化液の分泌抑制や、消化管内の水や電解質の吸収促進により、消化管症状を改善するとされている。

 戸倉氏は、これまで6例に酢酸オクトレオチドを使用、うち原疾患が胃癌だった2例を報告した。いずれも、投与後、水分や流動食の摂取が可能となり、輸液量も減少、疼痛も良好にコントロールできた。

 「2例とも、予後の見込みがかなり悪化してからの投与だったが、腸閉塞を来した早期から投与すれば、さらによい結果が得られたかもしれない」と戸倉氏は話している。(小又理恵子)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:253
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:418
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:127
  4. スタチン:首位クレストールにリピトールが迫る NMO処方サーベイ FBシェア数:3
  5. 単回使用医療機器に関する通知が揺れたワケ 短期集中連載◎どう読む?医療機器の再使用に関する通知(1) FBシェア数:17
  6. 新禁煙宣言、禁煙指導の技能が専門医資格要件に 学会トピック◎第40回日本高血圧学会総会 FBシェア数:151
  7. 交替時間のオーラ 病院珍百景 FBシェア数:9
  8. 腸管透過性亢進に関連する疾患にルビプロストンが有… 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:2
  9. 患者の言葉を“翻訳”するための質問 患者の心を開くメディカル・サポート・コーチング塾 FBシェア数:2
  10. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:92