2006.03.14

【日本胃癌学会速報】ピロリ菌除菌による胃癌予防、10年間の介入研究の結果が報告

 3月10日、第78回日本胃癌学会総会で、ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)除菌による胃癌予防効果について、10年間に及ぶ大規模介入研究の詳細な結果が、国立がんセンター中央病院内視鏡部の斉藤大三氏から初めて報告された。

 ピロリ菌の除菌効果については、既に中国から、除菌が胃癌発生を有意に予防したとの報告、またコロンビアからは、除菌により萎縮性胃炎や腸上皮化生が有意に改善したとの報告が出されている。

 斉藤氏らの介入研究は、1994年4月から厚生省(当時)の補助金を得て、「ピロリ菌除菌による胃粘膜萎縮の発生および進展の予防に関する研究」として行われてきたもの。119施設が参加した。

 当初、3500〜5000人の参加登録を目標としていたが、無作為割り付けという研究の性格のためか、思うように参加者が集まらず、2つのエンドポイントのうち、胃癌の発生率と除菌との関係については、研究を断念せざるを得なかった。

 20〜59歳のピロリ菌陽性者を、除菌群と非除菌群に無作為に割り付け、3剤併用療法による除菌を行った結果、萎縮性胃炎、腸上皮化生といった胃の前癌状態が変化するかどうかを調べる研究が行われた。胃壁の変化は、内視鏡による観察と生検によって比較した。

 参加登録者751人のうち、4年以上経過観察できた415人を対象に解析を行った。内視鏡による観察では、除菌群と非除菌群の間に有意差は見られなかった。

生検では、改善・無変化・悪化の3段階で評価したところ、萎縮性胃炎については、非除菌群に比べ、除菌群で有意に改善した(p<0.001)。男女別に分けても(p<0.0001)、40歳未満と40歳以上で分けても(p<0.05)、除菌群では非除菌群に比べ、有意な改善が見られた。腸上皮化生についても、同様に除菌群で有意に改善していた(p<0.05)。

 斉藤氏は、解析対象者が少ないことによるバイアスがあるかもしれないとした上で、「これまで、腸上皮化生に進行すると、胃壁の状態は改善しないとする報告もあった。塩分の摂取状態など、他の要因が大きくかかわっているのかもしれないが、除菌が胃癌の発生予防にプラスに働くことが示せたと言えるのではないか」と評価していた。(小又理恵子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132