2006.03.14

【日本胃癌学会速報】大阪で第78回日本胃癌学会総会が開幕

 大阪市の大阪国際会議場とリーガロイヤルホテルを会場に、3月9〜11日の3日間にわたって第78回日本胃癌学会が開催された。会長を務めたのは、市立堺病院院長の古河洋氏。

 日本は以前から胃癌患者が多く、胃癌の研究が盛んに行われてきた。さらに、今回は、昨年死去した韓国のJim Pok Kim氏の業績を称えるためのメモリアルセッションが組まれ、50題もの国際演題が集まった。

 900題もの演題に加え、日本胃癌学会の会員数だけでも6000人を超える。このため、会場は大盛況で、参加受け付けを待つ長い列ができた。海外の研究者の姿も目立ち、事務局担当者は英語で懸命に応対していた。

 古河氏は、大阪で行われている消化器癌の化学療法スタディにかかわるなど、癌に関するデータ収集に熱心に取り組んでいる。このため、臨床試験や癌患者の全国登録をめぐる演題が多く取り上げられたのが今大会の特徴。同氏は、「胃癌患者の多いわが国が積極的に情報発信すべき。現在行われている臨床試験の現状をより多くの人に知ってもらいたい」と話していた。(小又理恵子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:67
  2. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:188
  3. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:136
  4. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:425
  5. 三十六回の手術の末 安楽死を選んだフロイト 病と歴史への招待 FBシェア数:137
  6. STEMをねらえ! Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:18
  7. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:19
  8. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:81
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:11
  10. インスリンポンプは胸の谷間に入れるもの!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:215