2006.03.10

資生堂が高機能サプリ「サプレックス」にCoQ10を投入 抗酸化力高めるトコトリエノール、セレンなども配合

 資生堂は3月21日より、同社の高機能サプリ「サプレックス」シリーズの商品として、新たにCoQ10(コエンザイムQ10)配合品を新発売する。資生堂グループでは、すでにドラッグストア流通が主体の資生堂薬品の「Q10シリーズ」が、同流通ルートで高いシェアを持つが、「サプレックス」シリーズは全国のデパートの化粧品売り場や化粧品専門店を通しての販売となる。

 1日の目安当たり100mgと多めのCoQ10量としたほか、ビタミンEの一種で高い抗酸化作用を持つトコトリエノールを35mg、ビタミンEを8mg配合。そのほかにも抗酸化作用の高いルテイン、抗酸化酵素の効果を高めるミネラルのセレンなども加えた。

 さらに、サプレックスシリーズの特徴である「成分吸収のよさ」を確保するため、黒コショウ抽出物も加えた。消化管の血流向上などにより、サプリメント成分の吸収をよくするとされる成分だ。

 また、抗酸化効果に加え、CoQ10の特色である代謝アップ効果を高めるために、代謝時にCoQ10と助け合う活性型のビタミンB1も加えた。肌の抗酸化と活性化の両方をにらんだ処方のサプリメントといえそうだ。

 同社では、化粧品売り場での店頭カウンセリングを通して、顧客の理解を高めながら「内外美容を薦めていく」としている。価格は90粒(約30日分)で7350円。(藤井省吾、日経ヘルス


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127