2006.03.10

資生堂が高機能サプリ「サプレックス」にCoQ10を投入 抗酸化力高めるトコトリエノール、セレンなども配合

 資生堂は3月21日より、同社の高機能サプリ「サプレックス」シリーズの商品として、新たにCoQ10(コエンザイムQ10)配合品を新発売する。資生堂グループでは、すでにドラッグストア流通が主体の資生堂薬品の「Q10シリーズ」が、同流通ルートで高いシェアを持つが、「サプレックス」シリーズは全国のデパートの化粧品売り場や化粧品専門店を通しての販売となる。

 1日の目安当たり100mgと多めのCoQ10量としたほか、ビタミンEの一種で高い抗酸化作用を持つトコトリエノールを35mg、ビタミンEを8mg配合。そのほかにも抗酸化作用の高いルテイン、抗酸化酵素の効果を高めるミネラルのセレンなども加えた。

 さらに、サプレックスシリーズの特徴である「成分吸収のよさ」を確保するため、黒コショウ抽出物も加えた。消化管の血流向上などにより、サプリメント成分の吸収をよくするとされる成分だ。

 また、抗酸化効果に加え、CoQ10の特色である代謝アップ効果を高めるために、代謝時にCoQ10と助け合う活性型のビタミンB1も加えた。肌の抗酸化と活性化の両方をにらんだ処方のサプリメントといえそうだ。

 同社では、化粧品売り場での店頭カウンセリングを通して、顧客の理解を高めながら「内外美容を薦めていく」としている。価格は90粒(約30日分)で7350円。(藤井省吾、日経ヘルス


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97