2006.03.10

A群溶レン菌咽頭炎が急増、過去10年の最高値に、感染症週報第7週分から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが3月3日に公表した2006年第7週(2月13日〜2月19日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)が全国平均で2.38となり、過去10年の全期間の最高値を上回った。

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は今年に入ってから、急激な増加が続いてきたが、前週には減少したが本週は再び急増した。都道府県別では、新潟県(6.3)、山形県(5.6)、石川県(4.5)が多い。

 咽頭結膜熱は2005年第51週頃から減少が続いていたが、第5週から3週連続で増加した。第3週以降は過去10年の同時期の最高値を上回る状況が続いている。都道府県別では岐阜県(1.09)、佐賀県(0.96)、福井県(0.91)が多い。

 感染性胃腸炎は前週は減少したが本週は増加した。都道府県別では、愛媛県(17.8)、山口県(17.3)、宮崎県(16.5)が多い。

 水痘は第5、6週と減少した後、本週は増加した。都道府県別では、宮崎県(4.5)、鳥取県(4.3)、福岡県(3.9)が多い。

 2006年第7週の全数報告の対象となる感染症については以下の通り(2月23日集計分)。
 1類感染症:報告なし。
 2類感染症:細菌性赤痢8例、腸チフス1例。
 3類感染症:腸管出血性大腸菌感染症9例(うち有症者7例)。
 4類感染症:デング熱1例、レジオネラ症8例、E型肝炎1例、A型肝炎3例。
 5類感染症:アメーバ赤痢4例、クロイツフェルト・ヤコブ病1例、劇症溶血性レンサ球菌感染症(3例)、後天性免疫不全症候群14例(無症候8例、AIDS3例、その他3例)、梅毒5例、破傷風2例、急性脳炎3例。

 詳しくは感染症発生動向調査週報まで(PDFファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 矛盾抱えた「患者申出療養」はどこへ行く? リポート◎治験でも先進医療でもない第3の混合診療 FBシェア数:34
  2. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  3. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:133
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. どうやって個人型確定拠出年金で節税するの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:3
  6. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:241
  7. 北大病院がインドの病院と国際協定を結んだワケ リポート◎脳神経外科を中心に技術交流をスタート FBシェア数:47
  8. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:611
  9. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  10. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0