2006.03.10

A群溶レン菌咽頭炎が急増、過去10年の最高値に、感染症週報第7週分から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが3月3日に公表した2006年第7週(2月13日〜2月19日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)が全国平均で2.38となり、過去10年の全期間の最高値を上回った。

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は今年に入ってから、急激な増加が続いてきたが、前週には減少したが本週は再び急増した。都道府県別では、新潟県(6.3)、山形県(5.6)、石川県(4.5)が多い。

 咽頭結膜熱は2005年第51週頃から減少が続いていたが、第5週から3週連続で増加した。第3週以降は過去10年の同時期の最高値を上回る状況が続いている。都道府県別では岐阜県(1.09)、佐賀県(0.96)、福井県(0.91)が多い。

 感染性胃腸炎は前週は減少したが本週は増加した。都道府県別では、愛媛県(17.8)、山口県(17.3)、宮崎県(16.5)が多い。

 水痘は第5、6週と減少した後、本週は増加した。都道府県別では、宮崎県(4.5)、鳥取県(4.3)、福岡県(3.9)が多い。

 2006年第7週の全数報告の対象となる感染症については以下の通り(2月23日集計分)。
 1類感染症:報告なし。
 2類感染症:細菌性赤痢8例、腸チフス1例。
 3類感染症:腸管出血性大腸菌感染症9例(うち有症者7例)。
 4類感染症:デング熱1例、レジオネラ症8例、E型肝炎1例、A型肝炎3例。
 5類感染症:アメーバ赤痢4例、クロイツフェルト・ヤコブ病1例、劇症溶血性レンサ球菌感染症(3例)、後天性免疫不全症候群14例(無症候8例、AIDS3例、その他3例)、梅毒5例、破傷風2例、急性脳炎3例。

 詳しくは感染症発生動向調査週報まで(PDFファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:24
  2. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:92
  4. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:22
  5. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:15
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:498
  7. インフル検査「陰性」こそ要注意 Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:163
  8. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:35
  9. 上行から弓部大動脈置換術の技を学ぶ―その3 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:74
  10. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正