2006.03.10

【裁かれたカルテ】子宮内発育遅延で後遺症、高度医療機関への転送義務に違反

 子宮内発育遅延と診断された胎児が、経膣分べんによる出産後に精神遅滞などの後遺症が生じてしまった。原告らは、医師が分べん前および分べん時の管理義務に違反し、さらには高度医療機関に転送すべき義務があったのにこれを怠ったなどとし、2億円余の損害賠償を求め提訴した。裁判所はこの1月、被告医師の転送義務違反を認め、550万円の支払いを命じる判決を下した(控訴審で係争中)。

 被告は、病院や老人保健施設を経営する医療法人社団で、被告総合病院を開設し運営している。原告は、Aさん夫婦の長男として、1994年5月に、被告総合病院で出生した。

 Aさんは、1993年8月、実家の近くにあった被告病院で初めて診察を受け、分べん予定日が1994年4月X日と告げられた。その時、切迫流産の恐れがあるとして、入院、加療を受けた。

 その後は、特に問題もなく推移。当初は1か月に1回、1994年2月に2回、同年3月には4回の割合で、被告病院で定期的に診察を受けた。しかし、1994年3月X日の診察の際に、Aさんは原告の発育が遅れているとの指摘を受けた。

 1994年4月に数回診察を受けたAさんだが、予定日を過ぎても出産の兆候がなかった。このため、心配になったAさんは、診察した医師に尋ねた。これに対し同医師は「大丈夫心配ない」「予定日に生まれる方が少ないのだから」などと述べた(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:226
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:95
  4. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
  5. <胸痛>後に持続する心窩部圧迫感をどう診る? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:41
  6. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:49
  7. 専門医機構の内部資料が流出 ニュース追跡◎新専門医制度の持続のために必要なことは何だ? FBシェア数:255
  8. 職員の腕にタトゥー、報告を受けた院長の狼狽 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:102
  9. 心不全=利尿薬はもう古い!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:264
  10. 究極の問題? 患者の「死にたい」への対応法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:126
医師と医学研究者におすすめの英文校正