2006.03.10

【裁かれたカルテ】子宮内発育遅延で後遺症、高度医療機関への転送義務に違反

 子宮内発育遅延と診断された胎児が、経膣分べんによる出産後に精神遅滞などの後遺症が生じてしまった。原告らは、医師が分べん前および分べん時の管理義務に違反し、さらには高度医療機関に転送すべき義務があったのにこれを怠ったなどとし、2億円余の損害賠償を求め提訴した。裁判所はこの1月、被告医師の転送義務違反を認め、550万円の支払いを命じる判決を下した(控訴審で係争中)。

 被告は、病院や老人保健施設を経営する医療法人社団で、被告総合病院を開設し運営している。原告は、Aさん夫婦の長男として、1994年5月に、被告総合病院で出生した。

 Aさんは、1993年8月、実家の近くにあった被告病院で初めて診察を受け、分べん予定日が1994年4月X日と告げられた。その時、切迫流産の恐れがあるとして、入院、加療を受けた。

 その後は、特に問題もなく推移。当初は1か月に1回、1994年2月に2回、同年3月には4回の割合で、被告病院で定期的に診察を受けた。しかし、1994年3月X日の診察の際に、Aさんは原告の発育が遅れているとの指摘を受けた。

 1994年4月に数回診察を受けたAさんだが、予定日を過ぎても出産の兆候がなかった。このため、心配になったAさんは、診察した医師に尋ねた。これに対し同医師は「大丈夫心配ない」「予定日に生まれる方が少ないのだから」などと述べた(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97