2006.03.08

スーダンでコレラの大規模流行、5000人が感染

 アフリカ北東部のスーダンでコレラ流行が拡大している。同国連邦保健省と世界保健機関(WHO)などの急性水様性下痢共同対策チームの調査によると、3月3日現在の患者数は5634人に達した。このうち127人が死亡、致死率は2.25%になっている。患者はスーダン南部の街YeiとJubaに集中している。原因菌としてイナバ型コレラ菌(Vibrio chorelae Inaba)が確認された。現在、WHOなどでは対策として、サーベイランスや健康教育の強化とともに、水源の塩素殺菌などを進めている。

 WHOの感染症速報はこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2