2006.03.08

スーダンでコレラの大規模流行、5000人が感染

 アフリカ北東部のスーダンでコレラ流行が拡大している。同国連邦保健省と世界保健機関(WHO)などの急性水様性下痢共同対策チームの調査によると、3月3日現在の患者数は5634人に達した。このうち127人が死亡、致死率は2.25%になっている。患者はスーダン南部の街YeiとJubaに集中している。原因菌としてイナバ型コレラ菌(Vibrio chorelae Inaba)が確認された。現在、WHOなどでは対策として、サーベイランスや健康教育の強化とともに、水源の塩素殺菌などを進めている。

 WHOの感染症速報はこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:357
  2. 看護師に問題視される医師 うさコメント! FBシェア数:1
  3. 17歳女子。主訴:下痢と肛門部痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  4. 56歳男性。湿性咳嗽、呼吸苦 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  5. 内覧会でPRした手術、手続き漏れで実施できず 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 28歳男性。腹痛、下血 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  7. 74歳女性。入院中の著明な血小板減少 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 診察中の患者の横でひざまづき祈り始めた通訳 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:30
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  10. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:476