2006.03.07

健康診断で正常高値の人は職場高血圧になりやすい

 健康診断で正常高値(収縮期血圧が130mmHg以上、拡張期血圧が85mmHg以上)の人は職場のストレスによって職場高血圧(収縮期血圧が140mHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上)となる可能性が高いことが明らかとなった。また、年齢、BMI(Body Mass Index)、高血圧の家族歴も職場高血圧の関連因子となっていることも明らかとなった。これは東京都老人医療センター循環器科部長の原田和昌氏(写真左)、猿原大和氏(写真右)らの研究グループによって明らかにされたもので、成果は3月11日から米国アトランタで開催される米国心臓学会(ACC)で発表される。

 原田氏らは、東京都庁で働く23歳から64歳の265人を対象に、職場の勤務中に別室でリラックスしてから血圧を測定した値と健康診断での血圧測定値の比較を行った。その結果、職場高血圧と診断されたのは23%に当たる61人だった。職場高血圧群は、正常値群に比べて年齢が高い(職場高血圧群が平均で48.5±10歳、正常値群が39.3±10歳)、BMIが大きい(職場高血圧群が23.4±2.7、正常値群が21.6±3.2)、コレステロールレベルが高い(職場高血圧群が214±33mg/dl、正常値群が194±35mg/dl)、健康診断時の血圧が高い(職場高血圧群が125±11mmHg、正常値群が110±11mmHg)などの差が見られた。重回帰分析を行った結果、職場高血圧の上昇は、年齢、BMI、高血圧の家族歴と関連があることがわかった。さらに、健康診断時に高血圧(収縮期血圧が140mHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上)の人で職場での血圧が上がっている人は10%にとどまり、職場高血圧の予測には向かないという結果であったのに対して健康診断時に正常値高血圧であった35人のうち63%にあたる22人が職場高血圧となっていることがわかった。

 原田氏らはまた、仮面高血圧と耐糖能以上、左心房肥大が関連していることも見出しておりACCで発表する。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127