2006.03.07

健康診断で正常高値の人は職場高血圧になりやすい

 健康診断で正常高値(収縮期血圧が130mmHg以上、拡張期血圧が85mmHg以上)の人は職場のストレスによって職場高血圧(収縮期血圧が140mHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上)となる可能性が高いことが明らかとなった。また、年齢、BMI(Body Mass Index)、高血圧の家族歴も職場高血圧の関連因子となっていることも明らかとなった。これは東京都老人医療センター循環器科部長の原田和昌氏(写真左)、猿原大和氏(写真右)らの研究グループによって明らかにされたもので、成果は3月11日から米国アトランタで開催される米国心臓学会(ACC)で発表される。

 原田氏らは、東京都庁で働く23歳から64歳の265人を対象に、職場の勤務中に別室でリラックスしてから血圧を測定した値と健康診断での血圧測定値の比較を行った。その結果、職場高血圧と診断されたのは23%に当たる61人だった。職場高血圧群は、正常値群に比べて年齢が高い(職場高血圧群が平均で48.5±10歳、正常値群が39.3±10歳)、BMIが大きい(職場高血圧群が23.4±2.7、正常値群が21.6±3.2)、コレステロールレベルが高い(職場高血圧群が214±33mg/dl、正常値群が194±35mg/dl)、健康診断時の血圧が高い(職場高血圧群が125±11mmHg、正常値群が110±11mmHg)などの差が見られた。重回帰分析を行った結果、職場高血圧の上昇は、年齢、BMI、高血圧の家族歴と関連があることがわかった。さらに、健康診断時に高血圧(収縮期血圧が140mHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上)の人で職場での血圧が上がっている人は10%にとどまり、職場高血圧の予測には向かないという結果であったのに対して健康診断時に正常値高血圧であった35人のうち63%にあたる22人が職場高血圧となっていることがわかった。

 原田氏らはまた、仮面高血圧と耐糖能以上、左心房肥大が関連していることも見出しておりACCで発表する。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:129
  2. その開業話、本当に進めても大丈夫ですか? その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:19
  3. 清掃中に生じた精巣痛の原因は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:32
  4. 「教えるプロ」に学ぶ、下部消化管内視鏡検査 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:2
  5. 脳梗塞に対するt-PA投与をiPhone使って判… トレンド◎日本初の保険適用アプリ「Join」、入院日数・医療費減にも効果 FBシェア数:348
  6. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1300
  7. 燃え尽きる前に、やるべきことは1つ! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:201
  9. デパス向精神薬指定の根拠とは Interview FBシェア数:148
  10. 天才は、扱う人間を格付けする意味で罪作り!? 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:0