2006.03.06

【訂正】【インフルエンザ速報】患者数、欠席者数は3週連続の大幅減――学校患者数報告第14報から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年3月6日に発表したインフルエンザ様疾患発生報告の2005−2006年シーズン第14報によると、2006年2月19日〜2月25日には、全国の学校などにおける児童・生徒の患者数などは大幅に減少した。患者数は前週の1万8429人から1万963人に、欠席者数も同じく1万298人から6376人に減った。累計患者数は19万8122人と20万人に迫った。

 学級閉鎖などがあった施設は計489校で、このうち、学級閉鎖は全国で317校、学年閉鎖153校で、休校は19校だった。

 第14報の詳細は感染症情報センターWebサイトのこちらで閲覧できる(PDFファイル)。(中沢真也)


訂正 第1段落で「第14週」などと記述していましたが、「第14報」の誤りでした。お詫びして上記のように訂正します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 「診療科の転科に伴うリスクやお勧めの立ち回り方は… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:21
  3. IT化し過ぎて伝達ミスが多発します… 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:34
  4. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:13
  5. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:157
  6. 理想は「自分に甘く、他人にも甘い」人 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:38
  7. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:95
  8. 汚部屋で眠るハルコさん ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:76
  9. フレイル高齢者の処方、医師の8割が見直し 医師1000人に聞きました FBシェア数:25
  10. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
医師と医学研究者におすすめの英文校正