2006.03.03

大塚製薬、ダイズのバータイプ携帯食を新発売 1本に19〜22mgのダイズイソフラボン配合

 大塚製薬は、小麦粉の代わりに大豆をまるごと挽いた粉を使って、なかにたっぷりとドライフルーツを加えて焼き上げた新タイプの栄養食品「SOYJOY(ソイジョイ)」を開発し、4月3日から発売する。

 「SOYJOY」は長さ約10cmのバータイプの栄養食品。大豆を粉に挽いた原料を採用したため、1本30gながら、大豆たんぱく質が4.1〜4.8g、大豆イソフラボンが19〜22mgと豊富だ。1本で豆腐4分の1程度の大豆イソフラボンの量がとれる。同社では、「すでに飲料の「スゴイダイズ」に大豆の薄皮を除いて粉砕し原料にする手法を採用していたが、これをも応用した」(同社広報部)。

 味は練りこんだドライフルーツの種類別に、「レーズンアーモンド」「カカオオレンジ」「アプリコット」「サンザシ」の4種類がある。価格は115円(税別)。 初年度で80億円の売り上げを目指すという。

 全国の量販店、駅の販売店、コンビニエンスストア、ドラッグストアなどを通じて販売する。駅や街中で手軽に大豆の栄養を摂取することが可能になりそうだ。(藤井省吾、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1