2006.03.03

根絶完了の21カ国でポリオ発生、すべて流行6カ国からの持ち込み

 2002年から2005年にかけて、ポリオ根絶が完了していた21カ国で、国外からポリオが持ち込まれ、感染者が発生した。合計患者数は1298人に及ぶ。いずれも野生型ポリオウイルス(WPV)1型で、ナイジェリアをはじめ、ポリオが風土病として存在していた6カ国から持ち込まれたことがわかった。世界保健機関(WHO)の研究で、米国疾病対策センター(CDC)が毎週発行する死亡率や罹患率に関する報告書Morbidity and Mortality Weekly Report(MMWR)2006年2月17日号に掲載された。

 同報告によると、21カ国のうち13カ国では複数の感染者が発生し、沈静化までに6カ月超を要した。なかでもイエメンは478人と最も多く、インドネシア、ソマリア、スーダンの3カ国と合わせ、100人を超えるポリオ感染者が発生した。これら13カ国と、6カ月以内にポリオの伝染が終結した8カ国について、生後12カ月までのポリオ予防接種3回の実施率を比較したところ、13カ国の中央値は52%だったのに対し、それ以外8カ国の同値は83%と、有意な差がみられた(p=0.001)。

 その後2005年末までに、ソマリア以外の20カ国では、ポリオ感染者の発生は終結または大幅に減少した。ソマリアでは、報告書作成時点で154人の感染者が確認されており、最近でも2005年11月30日に新たな患者が発症している。

 研究グループでは、ポリオの世界的な根絶が達成されない限り、外国からポリオが持ち込まれるケースは、今後も続くと予想している。

 1988年の世界保健機関(WHO)総会で全世界からのポリオ根絶の決議を行って以降、風土病としてポリオが存在する国の数は、当時の125カ国から2003年には6カ国に、現時点では、ナイジェリア、インド、パキスタン、アフガニスタンの4カ国にまで減っている。

 本論文の原題は「Resurgence of Wild Poliovirus Type 1 Transmission and Consequences of Importation --- 21 Countries, 2002--2005」MMWR誌Webサイトのこちらで全文を閲覧できる。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16