2006.03.02

FDAが多発性硬化症に対するナタリズマブの治験再開を許可

 米国食品医薬品局(FDA)は2月16日、多発性硬化症に対するナタリツマブ(商品名:Tysabri)の治験再開を許可した。同治験は、ナタリツマブを使用していた3人が進行性多巣性白質脳症(PML)を発症したことを受け、2005年2月に中止を決めている。

 これら3人のうち2人は多発性硬化症の治療で、また1人はクローン病の治療でそれぞれナタリツマブの投与を受けていた。うち2人はPMLが原因で死亡している。

 ナタリツマブ製造元の米Biogen-IDEC社によると、これまでにTysabri を投与した3000人超の患者について再調査を行ったところ、既に報告されている3人以外には、PMLを発症した例はなかったとしている。なお治験再開後も、PML の発症については注意深く観察していくという。

 Tysabriの製造元は、米Biogen-IDEC社(マサチューセッツ州Cambridge)とElan Corporation社(アイルランド)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


■ 関連トピックス ■
◆2005.8.5 ナタリズマブ臨床試験でCMLを発症した多発性硬化症とクローン病の3例、2人死亡、1人はシタラビンにより症状改善

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0