2006.03.02

FDAが多発性硬化症に対するナタリズマブの治験再開を許可

 米国食品医薬品局(FDA)は2月16日、多発性硬化症に対するナタリツマブ(商品名:Tysabri)の治験再開を許可した。同治験は、ナタリツマブを使用していた3人が進行性多巣性白質脳症(PML)を発症したことを受け、2005年2月に中止を決めている。

 これら3人のうち2人は多発性硬化症の治療で、また1人はクローン病の治療でそれぞれナタリツマブの投与を受けていた。うち2人はPMLが原因で死亡している。

 ナタリツマブ製造元の米Biogen-IDEC社によると、これまでにTysabri を投与した3000人超の患者について再調査を行ったところ、既に報告されている3人以外には、PMLを発症した例はなかったとしている。なお治験再開後も、PML の発症については注意深く観察していくという。

 Tysabriの製造元は、米Biogen-IDEC社(マサチューセッツ州Cambridge)とElan Corporation社(アイルランド)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


■ 関連トピックス ■
◆2005.8.5 ナタリズマブ臨床試験でCMLを発症した多発性硬化症とクローン病の3例、2人死亡、1人はシタラビンにより症状改善

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:253
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:418
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:127
  4. スタチン:首位クレストールにリピトールが迫る NMO処方サーベイ FBシェア数:3
  5. 単回使用医療機器に関する通知が揺れたワケ 短期集中連載◎どう読む?医療機器の再使用に関する通知(1) FBシェア数:17
  6. 新禁煙宣言、禁煙指導の技能が専門医資格要件に 学会トピック◎第40回日本高血圧学会総会 FBシェア数:151
  7. 交替時間のオーラ 病院珍百景 FBシェア数:9
  8. 腸管透過性亢進に関連する疾患にルビプロストンが有… 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:2
  9. 患者の言葉を“翻訳”するための質問 患者の心を開くメディカル・サポート・コーチング塾 FBシェア数:2
  10. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:92