2006.03.02

FDAが多発性硬化症に対するナタリズマブの治験再開を許可

 米国食品医薬品局(FDA)は2月16日、多発性硬化症に対するナタリツマブ(商品名:Tysabri)の治験再開を許可した。同治験は、ナタリツマブを使用していた3人が進行性多巣性白質脳症(PML)を発症したことを受け、2005年2月に中止を決めている。

 これら3人のうち2人は多発性硬化症の治療で、また1人はクローン病の治療でそれぞれナタリツマブの投与を受けていた。うち2人はPMLが原因で死亡している。

 ナタリツマブ製造元の米Biogen-IDEC社によると、これまでにTysabri を投与した3000人超の患者について再調査を行ったところ、既に報告されている3人以外には、PMLを発症した例はなかったとしている。なお治験再開後も、PML の発症については注意深く観察していくという。

 Tysabriの製造元は、米Biogen-IDEC社(マサチューセッツ州Cambridge)とElan Corporation社(アイルランド)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


■ 関連トピックス ■
◆2005.8.5 ナタリズマブ臨床試験でCMLを発症した多発性硬化症とクローン病の3例、2人死亡、1人はシタラビンにより症状改善

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:94
  2. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:68
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
  4. 見逃してはならないクモ膜下出血 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:2
  5. 麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予 FBシェア数:189
  6. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:315
  7. 「月1回訪問+オンライン」で在宅医療を効率化 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《4》 FBシェア数:26
  8. 肝細胞癌治療にパワーのある2次治療薬が加わる 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
  9. 冠静脈デバイスは冠虚血治療のラストリゾートか 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:30
  10. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:235
医師と医学研究者におすすめの英文校正