2006.02.28

【インフルエンザ速報】患者数は順調に減少、前週の4割減に――学校患者数報告第13報から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年2月27日に発表したインフルエンザ様疾患発生報告の2005−2006年シーズン第13報によると、2006年2月12日〜2月18日には、全国の学校などにおける児童・生徒の患者数などは大幅に減少し、前週の6割前後となった。患者数は第12報の3万1839人から1万8429人に、欠席者数は同1万7718人から1万298人に減った。累計患者数は18万7386人になっている。

 学級閉鎖などがあった施設は計792校。このうち、学級閉鎖は全国で600校、学年閉鎖216校で、休校は21校だった。

 第13報の詳細は感染症情報センターWebサイトのこちらで閲覧できる(PDFファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:45
  2. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:49
  3. 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:119
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  5. 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開… 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:143
  6. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:6
  9. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:30
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1