2006.02.28

【インフルエンザ速報】患者数は順調に減少、前週の4割減に――学校患者数報告第13報から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年2月27日に発表したインフルエンザ様疾患発生報告の2005−2006年シーズン第13報によると、2006年2月12日〜2月18日には、全国の学校などにおける児童・生徒の患者数などは大幅に減少し、前週の6割前後となった。患者数は第12報の3万1839人から1万8429人に、欠席者数は同1万7718人から1万298人に減った。累計患者数は18万7386人になっている。

 学級閉鎖などがあった施設は計792校。このうち、学級閉鎖は全国で600校、学年閉鎖216校で、休校は21校だった。

 第13報の詳細は感染症情報センターWebサイトのこちらで閲覧できる(PDFファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:104
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:411
  5. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1757
  6. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:314
  8. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:65
  9. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:7