2006.02.28

【インフルエンザ速報】患者数は順調に減少、前週の4割減に――学校患者数報告第13報から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年2月27日に発表したインフルエンザ様疾患発生報告の2005−2006年シーズン第13報によると、2006年2月12日〜2月18日には、全国の学校などにおける児童・生徒の患者数などは大幅に減少し、前週の6割前後となった。患者数は第12報の3万1839人から1万8429人に、欠席者数は同1万7718人から1万298人に減った。累計患者数は18万7386人になっている。

 学級閉鎖などがあった施設は計792校。このうち、学級閉鎖は全国で600校、学年閉鎖216校で、休校は21校だった。

 第13報の詳細は感染症情報センターWebサイトのこちらで閲覧できる(PDFファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:435
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:94
  4. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  5. 今夜の夜勤は宿直手当でOK? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:107
  7. 三杯酢で超早期胃癌の発見ができる! 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:2
  8. 給与は年功で順当にアップ、その先は… Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  9. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ3》 FBシェア数:65