2006.02.24

明治製菓が「カシス-i 顆粒タイプ」を新発売 血流改善効果の理由を神戸大市橋名誉教授が新解釈

 明治製菓は、昨年8月から飲料として発売してきた「カシス-i」に顆粒タイプを新開発し、2月27日から全国発売する。目元のくま、末梢の冷え、眼精疲労などの改善効果のデータが得られている飲料タイプの「カシス-i」と同様に、1袋当たりにはカシスポリフェノールを130mg配合した。

 カシスは重量当たりのポリフェノールがほかのブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリーなどに比べて豊富。また、含まれるポリフェノールの一種であるアントシアニンという色素は、緑茶などのカテキン類などと比較しても、抗酸化作用が高いという。

 これにより、美容効果と血流改善効果が期待されている。実際、神戸大学名誉教授の市橋正光氏らが、プラセボとカシスポリフェノール130mg飲用の2群に分けた試験を行ったところ、カシスポリフェノール群では顔面皮膚の血流量が高まり、目の下のくまが改善することが確認されている。また、カシスポリフェノール130mgを飲用すると、末梢の冷えが改善することが明治製菓によるサーモグラフィーの試験でわかっている。

 抗酸化作用により、なぜ血流が改善するかというメカニズムについては、長らく謎とされてきたが、血管拡張因子となるNO(一酸化窒素)を介しているという見方が登場してきている。「本来、血管を拡張させるNOが、ほかの活性酸素と反応しペルオキシナイトライト(ONOO−)となることが、血流を妨げる一因になる。抗酸化力の高い、カシスのポリフェノールは、あらかじめ活性酸素を消去してNOを維持することで、血流を高めるのではないか」と市橋氏は話している。

 「カシス-i 顆粒タイプ」は5g、20袋入りが2625円(税込)で販売される。(藤井省吾、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1