2006.02.24

明治製菓が「カシス-i 顆粒タイプ」を新発売 血流改善効果の理由を神戸大市橋名誉教授が新解釈

 明治製菓は、昨年8月から飲料として発売してきた「カシス-i」に顆粒タイプを新開発し、2月27日から全国発売する。目元のくま、末梢の冷え、眼精疲労などの改善効果のデータが得られている飲料タイプの「カシス-i」と同様に、1袋当たりにはカシスポリフェノールを130mg配合した。

 カシスは重量当たりのポリフェノールがほかのブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリーなどに比べて豊富。また、含まれるポリフェノールの一種であるアントシアニンという色素は、緑茶などのカテキン類などと比較しても、抗酸化作用が高いという。

 これにより、美容効果と血流改善効果が期待されている。実際、神戸大学名誉教授の市橋正光氏らが、プラセボとカシスポリフェノール130mg飲用の2群に分けた試験を行ったところ、カシスポリフェノール群では顔面皮膚の血流量が高まり、目の下のくまが改善することが確認されている。また、カシスポリフェノール130mgを飲用すると、末梢の冷えが改善することが明治製菓によるサーモグラフィーの試験でわかっている。

 抗酸化作用により、なぜ血流が改善するかというメカニズムについては、長らく謎とされてきたが、血管拡張因子となるNO(一酸化窒素)を介しているという見方が登場してきている。「本来、血管を拡張させるNOが、ほかの活性酸素と反応しペルオキシナイトライト(ONOO−)となることが、血流を妨げる一因になる。抗酸化力の高い、カシスのポリフェノールは、あらかじめ活性酸素を消去してNOを維持することで、血流を高めるのではないか」と市橋氏は話している。

 「カシス-i 顆粒タイプ」は5g、20袋入りが2625円(税込)で販売される。(藤井省吾、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127