2006.02.24

明治製菓が「カシス-i 顆粒タイプ」を新発売 血流改善効果の理由を神戸大市橋名誉教授が新解釈

 明治製菓は、昨年8月から飲料として発売してきた「カシス-i」に顆粒タイプを新開発し、2月27日から全国発売する。目元のくま、末梢の冷え、眼精疲労などの改善効果のデータが得られている飲料タイプの「カシス-i」と同様に、1袋当たりにはカシスポリフェノールを130mg配合した。

 カシスは重量当たりのポリフェノールがほかのブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリーなどに比べて豊富。また、含まれるポリフェノールの一種であるアントシアニンという色素は、緑茶などのカテキン類などと比較しても、抗酸化作用が高いという。

 これにより、美容効果と血流改善効果が期待されている。実際、神戸大学名誉教授の市橋正光氏らが、プラセボとカシスポリフェノール130mg飲用の2群に分けた試験を行ったところ、カシスポリフェノール群では顔面皮膚の血流量が高まり、目の下のくまが改善することが確認されている。また、カシスポリフェノール130mgを飲用すると、末梢の冷えが改善することが明治製菓によるサーモグラフィーの試験でわかっている。

 抗酸化作用により、なぜ血流が改善するかというメカニズムについては、長らく謎とされてきたが、血管拡張因子となるNO(一酸化窒素)を介しているという見方が登場してきている。「本来、血管を拡張させるNOが、ほかの活性酸素と反応しペルオキシナイトライト(ONOO−)となることが、血流を妨げる一因になる。抗酸化力の高い、カシスのポリフェノールは、あらかじめ活性酸素を消去してNOを維持することで、血流を高めるのではないか」と市橋氏は話している。

 「カシス-i 顆粒タイプ」は5g、20袋入りが2625円(税込)で販売される。(藤井省吾、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:177
  2. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:539
  3. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:319
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:112
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:65
  6. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  7. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  8. 第7次医療計画の作成指針案が了承 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:2
  9. インフルエンザ、推計患者が100万人に迫る インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:228
  10. ニボルマブは進行胃癌の3次治療として有効【ASC… 日経メディカルOncologyニュース FBシェア数:31