2006.02.21

エストラジオールの血中濃度が低いと脳卒中の発症リスクが小さい、高い場合にはラロキシフェンにリスク低減効果

 閉経後の女性の生体内で分泌されるエストラジオールの血中濃度が16pmol/Lより低いと高い場合に比べて脳卒中の発症リスクが小さいことが明らかとなった。またさらに、血中レベルが高い患者で骨粗鬆症治療薬である塩酸ラロキシフェンを服用すると脳卒中のリスクが減少したという。成果は米California Pacific Medical Center Reserach InstituteのJennifer S. Lee氏(写真)が2月18日に米国で開催された国際脳卒中会議のLate-breaking Scienceセッションで発表された。

 Lee氏らは骨ミネラル濃度と脊椎骨折に対する塩酸ラロキシフェンの効果を評価するための4年間にわたる二重盲検無作為化試験であるMultiple Outcomes of Raloxifene Evaluation(MORE)から得られた結果として発表したものだ。少なくとも閉経後2年以上たった80歳以下の女性で過去10年間に脳卒中もしくは血栓塞栓性の疾患を患っていない女性7705人中7290人でエストラジオールの測定を行うことができた。5pmol/L未満は検出限界以下だった。

 その結果、プラセボの投薬を受けた2447人の女性のうちエストラジオールの濃度が16pmol/L未満であった1828例で脳卒中が発生したのは15例の0.82%だったのに対して、プラセボ群でエストラジオールの濃度が16pmol/L以上の619例中15例で2.42%だった。エストラジオール濃度の低値群で脳卒中の発症が低いのは塩酸ラロキシフェン投与群でも同じだった。塩酸ラロキシフェン投与群でエストラジオールの濃度が16pmol/L未満であった3609例中脳卒中を起こしたのは30例で0.83%だった。一方、ラロキシフェン投与群でエストラジオールの濃度が16pmol/L以上であった1234例では脳卒中の発症が14例で1.13%にとどまり、塩酸ラロキシフェンによる脳卒中のリスク低減効果が確認された。塩酸ラロキシフェン投与群は1日あたり60mgもしくは120mgの投与を受けていた。

 Lee氏は、今回の結果はあくまで骨粗鬆症の患者に限定された結果であり、試験の主目的も脳卒中の効果を見るものでなかったなど、結果の問題点を自ら指摘し確認試験が必要であるとした。そして、もし確認試験で確認ができたならば血中エストラジオールの濃度測定が高齢者の女性の脳卒中リスク判定の重要な指標となり、塩酸ラロキシフェンのような薬剤が高血中エストラジオール濃度の女性の脳卒中予防に役立つかもしれないとした。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449