2006.02.19

脳卒中の有意な予測因子は収縮期血圧

 収縮期血圧(SBP)は、脳卒中全体、虚血性脳卒中あるいは出血性脳卒中のいずれでも、有意な予測因子であることが分かった。ボストンのBrigham and Women's 病院のThomas Bowman氏が2月18日、セッション「Community/Risk Factors」で発表した。

 高血圧は、脳卒中の確立した危険因子である。だが、脳卒中の最善の予測因子かどうかは、はっきりしないまま。この問題意識の基に研究グループは、高血圧が脳卒中全体、あるいは虚血性や出血性それぞれの脳卒中を予測する因子として位置づけられるかどうか検討した。

 研究グループは、健康な男性医師を対象に行われた大規模臨床試験Physicians' Health Studyにおいて、19.4年間(中央値)追跡された1万1467人を対象に、前向きの調査を行った。収縮期血圧(SBP) と拡張期血圧(DBP) については、ベースラインと2年後のデータを収集した。分析では、脳卒中の主な危険因子で調整したコックス比例ハザードモデルに基づき、脳卒中全体、あるいは虚血性、出血性の脳卒中を発症する相対リスクとその95%信頼区間を求めた。

 追跡期間中508件の脳卒中が把握された。虚血性が411例、出血性が89例、病因不明が8例だった。収縮期血圧(SBP) が10mmHg上昇するごとに脳卒中を発症する相対的リスクは、脳卒中全体が1.31(95%信頼区間1.20-1.42)、虚血性脳卒中が1.28(95%信頼区間1.16-1.40)、出血性脳卒中が1.38(95%信頼区間1.13-1.68)だった。

 一方、拡張期血圧(DBP) 、脈圧(pulse pressure:PP)および24時間血圧平均値(MAP)は、収縮期血圧(SBP)単独より優れたパラメーターではなかった。また、拡張期血圧(DBP) を収縮期血圧(SBP)に加えても、脳卒中全体、虚血性あるいは出血性脳卒中のいずれでも、収縮期血圧(SBP)単独の結果を有意に向上させることはなかった(すべてp>0.05)。

 これらの結果から研究グループは、「収縮期血圧(SBP)は、脳卒中全体、虚血性脳卒中あるいは出血性脳卒中のいずれでも、有意な予測因子だった」と結論づけた。また、収縮期血圧(SBP)だけが危険を予測するパラメータであったことから、脳卒中の予防上の意義も強調した。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正