2006.02.19

虚血性脳卒中と子癇前症の病歴の間には関連がある可能性

 妊娠中以外の虚血性脳卒中と子癇前症の病歴の間には関連がある可能性が指摘された。15歳から44歳の女性の虚血性脳卒中のリスクファクターを調べるStroke Prevention in Young Women Studyのサブスタディの研究成果として明らかになったもの。成果は2月18日に米国で開催された国際脳卒中会議2006のポスターセッションで、米疾病対策センター(CDC)のD.W.Brown氏(写真)らによって発表された。虚血性脳卒中と子癇前症の関連付けに働いている因子の理解が進めば若い女性における脳卒中の防御につながると期待できそうだ。

 研究グループは、ボルチモア−ワシントン地域で脳卒中で入院したことがある261例と脳卒中の履歴がない対照群421例で調査を行った。対象とした年齢は15歳から44歳。脳卒中発作時に妊娠していた人や分娩後42日以内に脳卒中を発症した人、未産女性は解析の対象からはずした。
 
 解析の結果、脳卒中で入院したことがある群では、子癇前症の有病率が40例で15%であったのに対して脳卒中の履歴のない対照群では43例で10%に留まった。子癇前症の患者には肥満、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症の傾向が確認された。粗オッズ比で1.59、子癇前症の履歴と脳卒中に関連があることが示された。さらに、年齢や人種、教育、妊娠回数などで調整を行ったところオッズ比1.63で子癇前症の履歴と脳卒中に有意な関連があることが明らかとなった。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335