2006.02.19

虚血性脳卒中と子癇前症の病歴の間には関連がある可能性

 妊娠中以外の虚血性脳卒中と子癇前症の病歴の間には関連がある可能性が指摘された。15歳から44歳の女性の虚血性脳卒中のリスクファクターを調べるStroke Prevention in Young Women Studyのサブスタディの研究成果として明らかになったもの。成果は2月18日に米国で開催された国際脳卒中会議2006のポスターセッションで、米疾病対策センター(CDC)のD.W.Brown氏(写真)らによって発表された。虚血性脳卒中と子癇前症の関連付けに働いている因子の理解が進めば若い女性における脳卒中の防御につながると期待できそうだ。

 研究グループは、ボルチモア−ワシントン地域で脳卒中で入院したことがある261例と脳卒中の履歴がない対照群421例で調査を行った。対象とした年齢は15歳から44歳。脳卒中発作時に妊娠していた人や分娩後42日以内に脳卒中を発症した人、未産女性は解析の対象からはずした。
 
 解析の結果、脳卒中で入院したことがある群では、子癇前症の有病率が40例で15%であったのに対して脳卒中の履歴のない対照群では43例で10%に留まった。子癇前症の患者には肥満、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症の傾向が確認された。粗オッズ比で1.59、子癇前症の履歴と脳卒中に関連があることが示された。さらに、年齢や人種、教育、妊娠回数などで調整を行ったところオッズ比1.63で子癇前症の履歴と脳卒中に有意な関連があることが明らかとなった。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 37歳男性の後頸部痛、見逃しNGの疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  2. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:226
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:95
  4. 癒し系ドクターの裏の顔 病院珍百景 FBシェア数:56
  5. <胸痛>後に持続する心窩部圧迫感をどう診る? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:41
  6. お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:49
  7. 専門医機構の内部資料が流出 ニュース追跡◎新専門医制度の持続のために必要なことは何だ? FBシェア数:255
  8. 職員の腕にタトゥー、報告を受けた院長の狼狽 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:102
  9. 心不全=利尿薬はもう古い!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:264
  10. 究極の問題? 患者の「死にたい」への対応法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:126
医師と医学研究者におすすめの英文校正