2006.02.18

マイクロバブルを組み合わせた超音波血栓溶解療法に、再疎通率を高める効果

 超音波造影剤として臨床的に使われているマイクロバブルを組み合わせた超音波血栓溶解療法によって、再疎通率の向上が期待できることが報告された。スペイン Vall d'Hebron大学病院のMarta Rubiera氏(写真)が2月16日のセッション「Thrombolysis」で発表した。

 超音波照射によって血栓溶解薬が血栓内により早く浸透し、血栓溶解効果が促進されることが報告されている。こうした基礎実験結果をもとに、超音波血栓溶解療法の急性期脳梗塞への臨床応用が進められているが、研究グループは、さらにマイクロバブルを組み合わせることで、血栓溶解効果を向上させうると考え、研究を重ねてきた。

 対象は、中大脳動脈閉塞のため組織プラスミノーゲン活性化因子(tPA)静注療法を受けた155例。このうち37例は、tPAと経頭蓋超音波ドップラー(TCD)モニタリングを受け(USグループ)、67例は、tPAとTCDモニタリング、さらにマイクロバブル(tPA静注後2分、20分、40分後に投与)を受けた(MBグループ)。tPAのみは36例だった(tPAグループ)。なお、残りの15例(9.7%)は、側頭窓からの評価不能で分析対象から除外されている。

 研究では、それぞれのグループで、tPA静注後2時間のTCDで再疎通を記録し、治療効果として3カ月後の状態をModified Rankin Scale (mRS) スコアで検討した。なお、脳卒中のサブタイプごとの効果も分析しているが、TOAST(Trial of ORG 10172 in Acute Stroke)分類に基づいて実施した。

 全症例(155例)のうち、118例(76%)は近位の中大脳動脈閉塞で、37例(24%)は遠位の中大脳動脈閉塞だった。脳卒中のサブタイプは、心原性脳塞栓症(CE)が76例(49%)、アテローム血栓性脳梗塞(AT)が37例(24%)、不明(UD)が35例(23%)、その他が4%だった。ベースラインでのNIHSS、血塊の位置、治療時間などは、CE、AT、UDとも類似していた。

 治療後2時間の再疎通率は、MBグループが52%で、USグループの40.2%、tPAグループの24%と比べ有意に高かった(p=0.039)。

 脳卒中のサブタイプ別でみると、MB処置は、AT症例群で再疎通率を有意に増加させた(p=0.021) 。AT症例群の場合、MB処置を加えることで、再疎通率は他の処置の1.5から2倍になった(MBグループが39%で、USグループが26%、tPAグループが21%)。一方、脳卒中のサブタイプのCEあるいはUDでは、MB処置を加えても再疎通率は変わらなかった。

 また、治療後3カ月時点でのmRSスコアが2以下の割合は、MBグループでは、ATの36%、CEの48%およびUDの47%だった。なお、AT症例群に着目すると、MBグループでは他のサブタイプと変わらなかったのに対し、USグループとtPAグループでは、それぞれ他のサブタイプの場合より、mRSスコアが2以下の割合は有意に少なかった(それぞれp=0.043とp=0.021)。

 これらの結果から研究グループは、「MB処置を加えることで、特にATの場合に超音波血栓溶解療法が向上することが分かった」と結論した。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  2. 研修医が意識しておくべき最低限の心構えとは イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:240
  3. 45歳男性。自力で動けない。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:53
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:164
  6. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:102
  7. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:172
  8. 肺癌見落としで40代女性死亡、河北健診クリニック 河北医療財団「係争化はしていない。遺族と協議中」 FBシェア数:75
  9. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  10. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正