2006.02.18

TNFの特定の変異がある脳動静脈奇形患者は脳内出血を起こしやすい

 脳動静脈奇形(BAVM)患者で脳内出血を起こしやすい遺伝子多型があることが明らかとなった。見出されたのは炎症性サイトカインである腫瘍壊死因子(TNFα)の238番目の塩基がグアニンからアデニンに変化する多型。BAVMは脳内出血を起こしやすい疾患で、起こりやすい多型が明らかにされたことは、リスクの度合いの判別に利用できるほか、治療の標的になる可能性もある。成果は米California大学San Francisco校のWilliam L Young氏(写真)らが2月17日に米国で開催された国際脳卒中会議の口演で発表した。

 研究グループは既に報告されていた炎症性サイトカインであるインターロイキン6の2つの多型(174番目のグアニンがシトシンに変化したものと572番目のグアニンがシトシンに変化したもの)とTNFの2つの多型(238番目の多型と308番目のグアニンがアデニンに変化したもの)の存在と脳出血の起こりやすさを患者で調べた。280人のBAVM患者(女性が50%、白色人種が59%、診断時の平均年齢が37±17歳、40%が脳内出血の症候性あり)で遺伝子多型判別を行ったところ、238番目の塩基がグアニンからアデニンに変化する多型があると診断後の新たな脳内出血のリスクが上昇することが判明した。年齢調整などを行った結果、ハザード比は4.01となった。その他の多型は新たな脳内出血との相関はなかったという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:129
  2. その開業話、本当に進めても大丈夫ですか? その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:19
  3. 清掃中に生じた精巣痛の原因は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:32
  4. 「教えるプロ」に学ぶ、下部消化管内視鏡検査 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:2
  5. 脳梗塞に対するt-PA投与をiPhone使って判… トレンド◎日本初の保険適用アプリ「Join」、入院日数・医療費減にも効果 FBシェア数:348
  6. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1300
  7. 燃え尽きる前に、やるべきことは1つ! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:201
  9. デパス向精神薬指定の根拠とは Interview FBシェア数:148
  10. 天才は、扱う人間を格付けする意味で罪作り!? 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:0