2006.02.18

TNFの特定の変異がある脳動静脈奇形患者は脳内出血を起こしやすい

 脳動静脈奇形(BAVM)患者で脳内出血を起こしやすい遺伝子多型があることが明らかとなった。見出されたのは炎症性サイトカインである腫瘍壊死因子(TNFα)の238番目の塩基がグアニンからアデニンに変化する多型。BAVMは脳内出血を起こしやすい疾患で、起こりやすい多型が明らかにされたことは、リスクの度合いの判別に利用できるほか、治療の標的になる可能性もある。成果は米California大学San Francisco校のWilliam L Young氏(写真)らが2月17日に米国で開催された国際脳卒中会議の口演で発表した。

 研究グループは既に報告されていた炎症性サイトカインであるインターロイキン6の2つの多型(174番目のグアニンがシトシンに変化したものと572番目のグアニンがシトシンに変化したもの)とTNFの2つの多型(238番目の多型と308番目のグアニンがアデニンに変化したもの)の存在と脳出血の起こりやすさを患者で調べた。280人のBAVM患者(女性が50%、白色人種が59%、診断時の平均年齢が37±17歳、40%が脳内出血の症候性あり)で遺伝子多型判別を行ったところ、238番目の塩基がグアニンからアデニンに変化する多型があると診断後の新たな脳内出血のリスクが上昇することが判明した。年齢調整などを行った結果、ハザード比は4.01となった。その他の多型は新たな脳内出血との相関はなかったという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
  2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
  3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
  4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
  5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
  6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
  7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
  9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正