2006.02.18

TNFの特定の変異がある脳動静脈奇形患者は脳内出血を起こしやすい

 脳動静脈奇形(BAVM)患者で脳内出血を起こしやすい遺伝子多型があることが明らかとなった。見出されたのは炎症性サイトカインである腫瘍壊死因子(TNFα)の238番目の塩基がグアニンからアデニンに変化する多型。BAVMは脳内出血を起こしやすい疾患で、起こりやすい多型が明らかにされたことは、リスクの度合いの判別に利用できるほか、治療の標的になる可能性もある。成果は米California大学San Francisco校のWilliam L Young氏(写真)らが2月17日に米国で開催された国際脳卒中会議の口演で発表した。

 研究グループは既に報告されていた炎症性サイトカインであるインターロイキン6の2つの多型(174番目のグアニンがシトシンに変化したものと572番目のグアニンがシトシンに変化したもの)とTNFの2つの多型(238番目の多型と308番目のグアニンがアデニンに変化したもの)の存在と脳出血の起こりやすさを患者で調べた。280人のBAVM患者(女性が50%、白色人種が59%、診断時の平均年齢が37±17歳、40%が脳内出血の症候性あり)で遺伝子多型判別を行ったところ、238番目の塩基がグアニンからアデニンに変化する多型があると診断後の新たな脳内出血のリスクが上昇することが判明した。年齢調整などを行った結果、ハザード比は4.01となった。その他の多型は新たな脳内出血との相関はなかったという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 家の中に便が転がっていて何が悪いのか シリーズ◎在宅医療における感染対策(1) FBシェア数:748
  2. 桐島、救急部やめるってよ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:83
  3. 研修医の頃、株式投資で大ヤケドをした話 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  4. 研修初日にしておくべきたった1つのこと 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:44
  5. 紛争地以上に高度な技術が必要な手術も 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:41
  6. SGLT2阻害薬の心保護作用は同系薬で共通 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:190
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:76
  8. 田辺三菱、アステラスが長期収載品から撤退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:132
  9. 応召義務 カデット特集●医師と法律 FBシェア数:0
  10. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:18