2006.02.17

エスエス製薬がハイチオールCシリーズから2品新発売 肌の内からシミを消す薬と、外から美白する薬用コスメ

 エスエス製薬は同社の「ハイチオールC」シリーズの新製品として、体の内側から効く内服薬と体の外から効かす薬用美白コスメの2品を3月3日から新発売する。

 新発売の内服薬「ハイチオールCプルミエール」は、従来のハイチオールCよりも粒を小さくし、Lシステインの配合率も1錠当たり1.5倍にした。これにより従来は成人で1日3回計6錠の服用だったのが、1日2回4錠で済むようになった。また、パッケージではLシステイン製剤で認められる効能のうち「シミ・そばかすに」だけを目立つように表示する。

 同時に新発売になる医薬部外品の美白化粧品が「ハイチオールCプルミエール 薬用ホワイトスポッツ」。美白に効能を持つ成分として、ビタミンC誘導体加え、Lシステインの誘導体(NアセチルLシステイン)を採用した。Lシステインに比較して、新配合のNアセチルLシステインは化粧品製剤内での安定性と皮膚への吸収性が高いという。また、パッケージには「気になるお肌に 外からのシミ対策」とうたう。

 エスエス製薬が、薬用化粧品にLシステインの誘導体を採用するのは、この成分にシミ抑制の新メカニズムが見つかってきたからだ。神戸大学名誉教授の市橋正光氏らとの共同研究では、Lシステインが、シミを増やすホルモン(αMSH:メラノサイト刺激ホルモン)の前駆体POMSの遺伝子発現を減少させることが証明されている。「POMSを抑えて、メラニン増殖を抑制するのは新たな発見。従来から知られる淡色メラニンへの誘導作用や、抗酸化作用に加えて、遺伝子レベルでもシミ対策に効果を持つことがわかった」と市橋氏は話す。

 「ハイチオールCプルミエール」は120錠、4725円。「ハイチオールCプルミエール 薬用ホワイトスポッツ」は30g、4725円。ともに、全国のドラッグストア・薬局・薬店で発売する。(藤井省吾、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256