2006.02.17

エスエス製薬がハイチオールCシリーズから2品新発売 肌の内からシミを消す薬と、外から美白する薬用コスメ

 エスエス製薬は同社の「ハイチオールC」シリーズの新製品として、体の内側から効く内服薬と体の外から効かす薬用美白コスメの2品を3月3日から新発売する。

 新発売の内服薬「ハイチオールCプルミエール」は、従来のハイチオールCよりも粒を小さくし、Lシステインの配合率も1錠当たり1.5倍にした。これにより従来は成人で1日3回計6錠の服用だったのが、1日2回4錠で済むようになった。また、パッケージではLシステイン製剤で認められる効能のうち「シミ・そばかすに」だけを目立つように表示する。

 同時に新発売になる医薬部外品の美白化粧品が「ハイチオールCプルミエール 薬用ホワイトスポッツ」。美白に効能を持つ成分として、ビタミンC誘導体加え、Lシステインの誘導体(NアセチルLシステイン)を採用した。Lシステインに比較して、新配合のNアセチルLシステインは化粧品製剤内での安定性と皮膚への吸収性が高いという。また、パッケージには「気になるお肌に 外からのシミ対策」とうたう。

 エスエス製薬が、薬用化粧品にLシステインの誘導体を採用するのは、この成分にシミ抑制の新メカニズムが見つかってきたからだ。神戸大学名誉教授の市橋正光氏らとの共同研究では、Lシステインが、シミを増やすホルモン(αMSH:メラノサイト刺激ホルモン)の前駆体POMSの遺伝子発現を減少させることが証明されている。「POMSを抑えて、メラニン増殖を抑制するのは新たな発見。従来から知られる淡色メラニンへの誘導作用や、抗酸化作用に加えて、遺伝子レベルでもシミ対策に効果を持つことがわかった」と市橋氏は話す。

 「ハイチオールCプルミエール」は120錠、4725円。「ハイチオールCプルミエール 薬用ホワイトスポッツ」は30g、4725円。ともに、全国のドラッグストア・薬局・薬店で発売する。(藤井省吾、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34