2006.02.17

ガチフロキサシンの副作用で重篤な低血糖や高血糖、製造元が注意書きを強化

 米国食品医薬品局(FDA)は2月16日、ガチフロキサシン(米国での商品名はTequin)について、製造元の米Bristol-Myers Squibb社が、副作用で低血糖や高血糖を生じることがあるとする注意書きを強化することになったと発表した。Tequinが1999年に発売されて以来、重篤な低血糖や高血糖の副作用報告が継続的に上がってきている事態を受けたもの。

 ガチフロキサシンは、肺炎、気管支炎、合併症を伴わない淋病、尿路感染症や腎臓の感染症などの治療に用いられる。Tequinの注意書きには、2002年に低血糖と高血糖に関する記載が加えられたが、今回はその表記を強調するとともに、新たに糖尿病患者に対する使用は禁忌であるとする表記も加えた。さらに投与にあたっては、低血糖や高血糖を引き起こす原因として考えられる、高年齢や腎不全、血糖値に作用する薬の併用などに対する注意を促す記載も加えた。

 FDAによると、これまでに報告されている低血糖や高血糖の副作用症例は、そのほとんどが適切な治療を受けることで回復可能なものだが、死に至った事例も少数例あるという。

 FDAでは引き続き、Tequinの安全性について監視し、その効用がリスクを上回るものであることを見極めるとしている。なお日本で販売されているガチフロキサシンとしては、ガチフロ錠100mg(杏林製薬)などがある。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48