2006.02.17

ガチフロキサシンの副作用で重篤な低血糖や高血糖、製造元が注意書きを強化

 米国食品医薬品局(FDA)は2月16日、ガチフロキサシン(米国での商品名はTequin)について、製造元の米Bristol-Myers Squibb社が、副作用で低血糖や高血糖を生じることがあるとする注意書きを強化することになったと発表した。Tequinが1999年に発売されて以来、重篤な低血糖や高血糖の副作用報告が継続的に上がってきている事態を受けたもの。

 ガチフロキサシンは、肺炎、気管支炎、合併症を伴わない淋病、尿路感染症や腎臓の感染症などの治療に用いられる。Tequinの注意書きには、2002年に低血糖と高血糖に関する記載が加えられたが、今回はその表記を強調するとともに、新たに糖尿病患者に対する使用は禁忌であるとする表記も加えた。さらに投与にあたっては、低血糖や高血糖を引き起こす原因として考えられる、高年齢や腎不全、血糖値に作用する薬の併用などに対する注意を促す記載も加えた。

 FDAによると、これまでに報告されている低血糖や高血糖の副作用症例は、そのほとんどが適切な治療を受けることで回復可能なものだが、死に至った事例も少数例あるという。

 FDAでは引き続き、Tequinの安全性について監視し、その効用がリスクを上回るものであることを見極めるとしている。なお日本で販売されているガチフロキサシンとしては、ガチフロ錠100mg(杏林製薬)などがある。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 「診療科の転科に伴うリスクやお勧めの立ち回り方は… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:21
  3. IT化し過ぎて伝達ミスが多発します… 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:34
  4. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:13
  5. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:157
  6. 理想は「自分に甘く、他人にも甘い」人 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:38
  7. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:95
  8. 汚部屋で眠るハルコさん ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:76
  9. フレイル高齢者の処方、医師の8割が見直し 医師1000人に聞きました FBシェア数:25
  10. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
医師と医学研究者におすすめの英文校正