2006.02.17

ガチフロキサシンの副作用で重篤な低血糖や高血糖、製造元が注意書きを強化

 米国食品医薬品局(FDA)は2月16日、ガチフロキサシン(米国での商品名はTequin)について、製造元の米Bristol-Myers Squibb社が、副作用で低血糖や高血糖を生じることがあるとする注意書きを強化することになったと発表した。Tequinが1999年に発売されて以来、重篤な低血糖や高血糖の副作用報告が継続的に上がってきている事態を受けたもの。

 ガチフロキサシンは、肺炎、気管支炎、合併症を伴わない淋病、尿路感染症や腎臓の感染症などの治療に用いられる。Tequinの注意書きには、2002年に低血糖と高血糖に関する記載が加えられたが、今回はその表記を強調するとともに、新たに糖尿病患者に対する使用は禁忌であるとする表記も加えた。さらに投与にあたっては、低血糖や高血糖を引き起こす原因として考えられる、高年齢や腎不全、血糖値に作用する薬の併用などに対する注意を促す記載も加えた。

 FDAによると、これまでに報告されている低血糖や高血糖の副作用症例は、そのほとんどが適切な治療を受けることで回復可能なものだが、死に至った事例も少数例あるという。

 FDAでは引き続き、Tequinの安全性について監視し、その効用がリスクを上回るものであることを見極めるとしている。なお日本で販売されているガチフロキサシンとしては、ガチフロ錠100mg(杏林製薬)などがある。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  2. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. オペ時の血糖はやはり7%まで下げるべき? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:85
  4. 21歳女性、突然の腹痛の原因は心臓にあった! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:35
  5. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:31
  6. 潰瘍性大腸炎に初の体外診断薬、その実力は? リポート◎再燃の早期発見に威力、内視鏡検査の頻度を減らす効果も FBシェア数:7
  7. 自分の家で、この子を抱きしめて川の字で寝たい 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:128
  8. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:180
  9. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  10. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:503