2006.02.17

ガチフロキサシンの副作用で重篤な低血糖や高血糖、製造元が注意書きを強化

 米国食品医薬品局(FDA)は2月16日、ガチフロキサシン(米国での商品名はTequin)について、製造元の米Bristol-Myers Squibb社が、副作用で低血糖や高血糖を生じることがあるとする注意書きを強化することになったと発表した。Tequinが1999年に発売されて以来、重篤な低血糖や高血糖の副作用報告が継続的に上がってきている事態を受けたもの。

 ガチフロキサシンは、肺炎、気管支炎、合併症を伴わない淋病、尿路感染症や腎臓の感染症などの治療に用いられる。Tequinの注意書きには、2002年に低血糖と高血糖に関する記載が加えられたが、今回はその表記を強調するとともに、新たに糖尿病患者に対する使用は禁忌であるとする表記も加えた。さらに投与にあたっては、低血糖や高血糖を引き起こす原因として考えられる、高年齢や腎不全、血糖値に作用する薬の併用などに対する注意を促す記載も加えた。

 FDAによると、これまでに報告されている低血糖や高血糖の副作用症例は、そのほとんどが適切な治療を受けることで回復可能なものだが、死に至った事例も少数例あるという。

 FDAでは引き続き、Tequinの安全性について監視し、その効用がリスクを上回るものであることを見極めるとしている。なお日本で販売されているガチフロキサシンとしては、ガチフロ錠100mg(杏林製薬)などがある。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79