2006.02.17

国際脳卒中会議が米フロリダで開幕、3500人以上が参加

 2006年の国際脳卒中会議(Costantino Ladecola会長)が2月16日、米国フロリダ州のキシミーで開幕した。会場はGaylord Palms(写真)で、18日午前までの2日半にわたって600以上の演題が予定されており、3500人以上と見込まれる参加者が議論を展開する。

 同会議は、2010年までに脳卒中のリスクを25%減らすことを目的に掲げ、脳卒中に関する最新情報の集積と専門家間での情報共有を目指している。今年は、「虚血性脳卒中における遺伝学の最新知見」をはじめ、「母と子ども」「産じょく時の発作」「救急部門におけるCT血管造影および意思決定」「血管性認識障害のインパクト」などに焦点を当てた特別シンポジウムを予定している。

 また、診断、急性期の管理、院内での処置、リハビリテーション、小児期の脳卒中発作、危険因子などと、臨床上のカテゴリーごとにセッションを組み立て、分かりやすさを優先したプログラム構成としている。一方、基礎医学のカテゴリーでは、ニューロン、グリア細胞、炎症 、及び血管性の病態生理学と血栓症を取り上げる。

 同会議は年々参加者が増加しており、昨年のニューオーリンズでの会議には3063人が参加し、2000年以降初めて3000人を突破した。国際会議の名にふさわしく、米国以外からの参加も目立ち、昨年は700人に迫るほどで、世界的な規模で注目を集めるまでに成長している。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84