2006.02.17

国際脳卒中会議が米フロリダで開幕、3500人以上が参加

 2006年の国際脳卒中会議(Costantino Ladecola会長)が2月16日、米国フロリダ州のキシミーで開幕した。会場はGaylord Palms(写真)で、18日午前までの2日半にわたって600以上の演題が予定されており、3500人以上と見込まれる参加者が議論を展開する。

 同会議は、2010年までに脳卒中のリスクを25%減らすことを目的に掲げ、脳卒中に関する最新情報の集積と専門家間での情報共有を目指している。今年は、「虚血性脳卒中における遺伝学の最新知見」をはじめ、「母と子ども」「産じょく時の発作」「救急部門におけるCT血管造影および意思決定」「血管性認識障害のインパクト」などに焦点を当てた特別シンポジウムを予定している。

 また、診断、急性期の管理、院内での処置、リハビリテーション、小児期の脳卒中発作、危険因子などと、臨床上のカテゴリーごとにセッションを組み立て、分かりやすさを優先したプログラム構成としている。一方、基礎医学のカテゴリーでは、ニューロン、グリア細胞、炎症 、及び血管性の病態生理学と血栓症を取り上げる。

 同会議は年々参加者が増加しており、昨年のニューオーリンズでの会議には3063人が参加し、2000年以降初めて3000人を突破した。国際会議の名にふさわしく、米国以外からの参加も目立ち、昨年は700人に迫るほどで、世界的な規模で注目を集めるまでに成長している。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  2. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. オペ時の血糖はやはり7%まで下げるべき? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:85
  4. 21歳女性、突然の腹痛の原因は心臓にあった! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:35
  5. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:31
  6. 潰瘍性大腸炎に初の体外診断薬、その実力は? リポート◎再燃の早期発見に威力、内視鏡検査の頻度を減らす効果も FBシェア数:7
  7. 自分の家で、この子を抱きしめて川の字で寝たい 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:128
  8. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:180
  9. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  10. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:503