2006.02.17

国際脳卒中会議が米フロリダで開幕、3500人以上が参加

 2006年の国際脳卒中会議(Costantino Ladecola会長)が2月16日、米国フロリダ州のキシミーで開幕した。会場はGaylord Palms(写真)で、18日午前までの2日半にわたって600以上の演題が予定されており、3500人以上と見込まれる参加者が議論を展開する。

 同会議は、2010年までに脳卒中のリスクを25%減らすことを目的に掲げ、脳卒中に関する最新情報の集積と専門家間での情報共有を目指している。今年は、「虚血性脳卒中における遺伝学の最新知見」をはじめ、「母と子ども」「産じょく時の発作」「救急部門におけるCT血管造影および意思決定」「血管性認識障害のインパクト」などに焦点を当てた特別シンポジウムを予定している。

 また、診断、急性期の管理、院内での処置、リハビリテーション、小児期の脳卒中発作、危険因子などと、臨床上のカテゴリーごとにセッションを組み立て、分かりやすさを優先したプログラム構成としている。一方、基礎医学のカテゴリーでは、ニューロン、グリア細胞、炎症 、及び血管性の病態生理学と血栓症を取り上げる。

 同会議は年々参加者が増加しており、昨年のニューオーリンズでの会議には3063人が参加し、2000年以降初めて3000人を突破した。国際会議の名にふさわしく、米国以外からの参加も目立ち、昨年は700人に迫るほどで、世界的な規模で注目を集めるまでに成長している。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54