2006.02.17

メタボリックシンドロームは無症候性脳梗塞の独立した危険因子

 メタボリックシンドロームが無症候性脳梗塞の独立した危険因子であることが報告された。ソウル大学附属病院のHyung-Min Kwon氏らが2月16日、セッション「Community/Risk Factors」で発表した。

 無症候性脳梗塞は、脳卒中発作あるいは認知症を予測し得る因子であることが報告されている。高齢であることや高血圧は、無症候性脳梗塞の一般的な危険因子である。一方で、最近注目されているメタボリックシンドロームは、心疾患あるいは脳卒中のリスク増大と関連している。研究グループは、健康な人を対象に、メタボリックシンドロームと無症候性脳梗塞との関連性を明らかにするため調査を実施した。

 対象は、健康である1588人(男性927人、女性661人)。ソウル大学病院で脳のMRI検査を受け、神経学的な健康状態を評価された。その上で、年齢、性別、高血圧、糖尿病、喫煙習慣、冠動脈疾患の既往歴、高感度C反応性たんぱく質など、それぞれの危険因子ごとに分析を行った。なお、メタボリックシンドロームは、米国高脂血症治療ガイドラインATPIIIの基準を用いた。

 分析の結果、1588人のうち5.5%に当たる88人に、MRI検査で1つかそれ以上の無症候性脳梗塞が確認された。危険因子ごとの分析では、年齢と冠動脈疾患の既往歴が、無症候性脳梗塞の有病率と有意に関連していることが分かった。それぞれのオッズ比は、1.06(95%信頼区間1.04-1.09)、2.83(95%信頼区間1.38-5.82)。

 注目したメタボリックシンドロームも、無症候性脳梗塞の有無と有意に関連していた(オッズ比2.23、95%信頼区間1.42-3.51)。また、メタボリックシンドロームの構成要素別でみると、高血圧(オッズ比3.48、95%信頼区間1.93-6.27)と耐糖能異常(オッズ比1.66、95%信頼区間1.04-2.63)が無症候性脳梗塞の危険因子だった。

 研究グループは「メタボリックシンドロームは、無症候性脳梗塞のリスク増大と有意に関係していることが分かった」とし、「メタボリックシンドロームが確認された場合には、MRI検査を実施し、無症候性脳梗塞のリスクを評価してみることが必要」と指摘した。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正