2006.02.17

80歳以上の急性脳卒中患者にもTPAが有効

 80歳以上の高齢者の急性脳卒中患者に対しても、血栓溶解剤である組織プラスミノーゲンアクチベーター(TPA)による早期治療が安全かつ有効であることが明らかになった。高齢者の脳卒中患者は増加しているにも関わらず、80歳以上の患者は臨床試験からしばしば排除されるため、安全性と有効性に関するデータが少なかった。米Connecticut大学のグループの後ろ向き研究によって安全性と有効性が報告された。成果は、米国フロリダ州キシミーで開催された国際脳卒中会議の一般口演で2月16日、Connecticut大学のNeer Zeevi氏(写真)らによって発表された。

 研究グループは2003年4月から2005年12月までに脳卒中センターのデータベースに登録された80歳以上の患者341人と、80歳未満の患者690人のデータを比較した。その結果、80歳以上の患者の方がTPAの投与を受けている率が低く、それは発症後3時間以内に到着できなかったことによるわけではなかった(到着できた率は80歳以上で29%、80歳未満で26%)。除外範囲としてリストされていない理由によってTPA治療を受けられない率が80歳以上の方が高いという結果だった(80歳以上で30%強、80歳未満で20%弱)。性別でみると80歳以上の女性でTPAを受けられない場合が多かった。Zeevi氏は家庭環境などによるものと推測していた。

 また、患者のNIH stroke scaleは80歳以上で入院時に12.4が退院時に6.8、80歳未満で13.5が5.8とTPAの臨床効果は両群に見られたが、改善効果は80歳未満群の方がややよかった。3カ月目の時点で別の脳卒中の指標であるBarthel Indexは80歳未満群と80歳以上群に有意な差はなく改善効果が確認された。80歳以上群でTPAの投与後、脳内出血のリスクの増加はなかった。病院内での死亡率は80歳以上群の方が高い結果となったが、その死亡率はTPA非治療群と同等だった。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54