2006.02.16

【インフルエンザ速報】患者数、学級閉鎖など前週より減少――学校患者数報告第11報から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年2月13日に更新したインフルエンザ様疾患発生報告の2005−2006年シーズン第11報によると、2006年1月29日〜2月4日には、全国の学校などにおける児童・生徒の欠席や学級閉鎖などは、前週に比べ減少した。患者数は5万770人で第10週の5万904人からわずかに減った。欠席者数も前週の3万1025人から減って2万8722人になった。累計患者数は13万4808人で、昨年同時期の4万6701人の3倍弱と多くなっている。

 学級閉鎖なども前週の2090施設からダウンして1944施設になった。このうち、学級閉鎖は全国で1470校、学年閉鎖は423校で、休校は51校だった。

 第11報の詳細は感染症情報センターWebサイトのこちらで閲覧できる(PDFファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正