2006.02.16

【インフルエンザ速報】流行峠越える? 全国平均は前週よりダウン、インフルエンザレベルマップ2006年5週分から

 2005年第45週から拡大が続いてきたインフルエンザの定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)の全国平均値は、2006年第5週(1月30日〜2月5日)には、前週の32.4から30.1へと初めて減少した。国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年2月14日に更新したインフルエンザ流行レベルマップで示された。

 ただし、警報レベルを超えた地域は、44都道府県の313地域と、前週の287地域から増加した。注意報レベルだけを超えた地域は41都道府県の206地域で、2週連続で減少した。都道府県別に見ると、愛知県(53.9)、福井県(49.8)、埼玉県(45.1)、愛媛県(44.7)、三重県(41.6)、富山県(40.7)、静岡県(40.0)が多い。

 インフルエンザウイルスの検出状況は、2005年第36週以降、2006年2月10日までに、ソ連型(AH1)が231例、香港型(AH3)が1267例、B型が18例報告されている。

 インフルエンザの注意報レベルは、保健所管轄地域単位の流行の規模を示すもので、1週間の定点あたり報告数が10を超えた段階を意味する。警報は同じく1週間の定点あたり報告数が30を超える状況を示す。ただし、注意報、警報とも10を下回った時点で解除される。都道府県が発令する注意報、警報とは異なる。

 インフルエンザ流行レベルマップ2006年第5週分はこちらで閲覧できる。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 矛盾抱えた「患者申出療養」はどこへ行く? リポート◎治験でも先進医療でもない第3の混合診療 FBシェア数:34
  2. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  3. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:133
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. どうやって個人型確定拠出年金で節税するの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:3
  6. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:241
  7. 北大病院がインドの病院と国際協定を結んだワケ リポート◎脳神経外科を中心に技術交流をスタート FBシェア数:47
  8. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:611
  9. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  10. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0