2006.02.16

【日本消化管学会:スポンサードフォーラム7】FD―気の病気か?機の病気か?

 本フォーラムでは、川崎医科大学内科教授の春間賢氏が機能性胃腸症を目に見える病態として捉えるための研究について、歴史的な経緯を踏まえながら講演した。

 食道の狭窄例、大腸の狭窄例、十二指腸から胃への逆流例などの症例写真と動画像を呈示。最近は超音波でも胃の運動機能を評価することができ、低侵襲で検査を実施できるが、初期の頃は大変な苦痛を伴う検査が必要だったそうだ。研究に協力してくれたボランティアがあまりにつらそうだったので、2万円だった謝礼の約束を検査の途中で5万円に引き上げて、最後まで協力してもらったエピソードなどをユーモアを交えながら語った。

 また、春間氏は消化管機能改善薬同士の効果を比較した臨床試験のメタアナリシスの検討結果を発表した。検索対象はシサプリド、モサプリド、メトクロプラミド、ドンペリドン、トリメブチンの効果を比較した二重盲検のランダム化比較試験。1951〜2005年1月までの論文で、MEDLINEやコクランライブラリーから検索したが、条件に合致したものはわずかに5論文だったという。結果として提示されたのはシサプリドとモサプリドの比較。約7%だがモサプリドの治療成績がよかったと結論づけた。

 なお講演後に会場から「提示された症例のように、十二指腸から胃へ逆流を起こしており腹痛を訴える患者には、どの薬で治療すべきなのか?」という質問があった。これに対し春間氏は「トリメブチンがよいと思う」と回答した。(平田尚弘)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127