2006.02.16

【日本消化管学会:スポンサードフォーラム7】FD―気の病気か?機の病気か?

 本フォーラムでは、川崎医科大学内科教授の春間賢氏が機能性胃腸症を目に見える病態として捉えるための研究について、歴史的な経緯を踏まえながら講演した。

 食道の狭窄例、大腸の狭窄例、十二指腸から胃への逆流例などの症例写真と動画像を呈示。最近は超音波でも胃の運動機能を評価することができ、低侵襲で検査を実施できるが、初期の頃は大変な苦痛を伴う検査が必要だったそうだ。研究に協力してくれたボランティアがあまりにつらそうだったので、2万円だった謝礼の約束を検査の途中で5万円に引き上げて、最後まで協力してもらったエピソードなどをユーモアを交えながら語った。

 また、春間氏は消化管機能改善薬同士の効果を比較した臨床試験のメタアナリシスの検討結果を発表した。検索対象はシサプリド、モサプリド、メトクロプラミド、ドンペリドン、トリメブチンの効果を比較した二重盲検のランダム化比較試験。1951〜2005年1月までの論文で、MEDLINEやコクランライブラリーから検索したが、条件に合致したものはわずかに5論文だったという。結果として提示されたのはシサプリドとモサプリドの比較。約7%だがモサプリドの治療成績がよかったと結論づけた。

 なお講演後に会場から「提示された症例のように、十二指腸から胃へ逆流を起こしており腹痛を訴える患者には、どの薬で治療すべきなのか?」という質問があった。これに対し春間氏は「トリメブチンがよいと思う」と回答した。(平田尚弘)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0