2006.02.16

【日本消化管学会:スポンサードフォーラム7】FD―気の病気か?機の病気か?

 本フォーラムでは、川崎医科大学内科教授の春間賢氏が機能性胃腸症を目に見える病態として捉えるための研究について、歴史的な経緯を踏まえながら講演した。

 食道の狭窄例、大腸の狭窄例、十二指腸から胃への逆流例などの症例写真と動画像を呈示。最近は超音波でも胃の運動機能を評価することができ、低侵襲で検査を実施できるが、初期の頃は大変な苦痛を伴う検査が必要だったそうだ。研究に協力してくれたボランティアがあまりにつらそうだったので、2万円だった謝礼の約束を検査の途中で5万円に引き上げて、最後まで協力してもらったエピソードなどをユーモアを交えながら語った。

 また、春間氏は消化管機能改善薬同士の効果を比較した臨床試験のメタアナリシスの検討結果を発表した。検索対象はシサプリド、モサプリド、メトクロプラミド、ドンペリドン、トリメブチンの効果を比較した二重盲検のランダム化比較試験。1951〜2005年1月までの論文で、MEDLINEやコクランライブラリーから検索したが、条件に合致したものはわずかに5論文だったという。結果として提示されたのはシサプリドとモサプリドの比較。約7%だがモサプリドの治療成績がよかったと結論づけた。

 なお講演後に会場から「提示された症例のように、十二指腸から胃へ逆流を起こしており腹痛を訴える患者には、どの薬で治療すべきなのか?」という質問があった。これに対し春間氏は「トリメブチンがよいと思う」と回答した。(平田尚弘)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48