2006.02.15

アラクス、液晶ディスプレイ付きの妊娠検査薬を発売

 ノーシンなどを製造販売している医薬品メーカーのアラクスは、妊娠検査薬の新製品「チェックワンデジタル」を2月14日に発売した。妊娠している可能性の判定結果を液晶ディスプレイに表示するのが特徴。アラクスによると判定制度は99%以上だという。妊娠している可能性がある場合、液晶ディスプレイには「+」が、可能性がない場合は「−」が表示される。

 同社の従来の妊娠検査薬は、尿を検査薬にかけ、「赤紫色」の線が表れるか否かで妊娠の可能性を判断していた。しかし、線が薄い場合もあり、判断に迷う人が多かった。

 チェックワンデジタル1セットには、尿をかけるチェックスティックが3本と、液晶ディスプレイ部分が1個が含まれ、1セットで3回まで使用できる。価格は2800円。

 チェックワンデジタルのWebサイトはこちら(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:646
  2. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
  3. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:58
  5. 「ホワイト」認定を受けた病院の狙いと成果 記者の眼 FBシェア数:0
  6. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:230
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:152
  8. 厚労省に翻弄され続けた化血研、事業譲渡へ ニュース追跡◎化血研事件の顛末 FBシェア数:7
  9. 笛を吹かれる前に考えるべきことがあるだろう? 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  10. 眠れない患者さんにあげたいもの 病院珍百景 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正