2006.02.15

アラクス、液晶ディスプレイ付きの妊娠検査薬を発売

 ノーシンなどを製造販売している医薬品メーカーのアラクスは、妊娠検査薬の新製品「チェックワンデジタル」を2月14日に発売した。妊娠している可能性の判定結果を液晶ディスプレイに表示するのが特徴。アラクスによると判定制度は99%以上だという。妊娠している可能性がある場合、液晶ディスプレイには「+」が、可能性がない場合は「−」が表示される。

 同社の従来の妊娠検査薬は、尿を検査薬にかけ、「赤紫色」の線が表れるか否かで妊娠の可能性を判断していた。しかし、線が薄い場合もあり、判断に迷う人が多かった。

 チェックワンデジタル1セットには、尿をかけるチェックスティックが3本と、液晶ディスプレイ部分が1個が含まれ、1セットで3回まで使用できる。価格は2800円。

 チェックワンデジタルのWebサイトはこちら(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051