2006.02.14

睡眠時無呼吸症候群の治療装置、レスメドが小型・軽量モデルを発売

 レスメドジャパンは2月13日、睡眠時無呼吸症候群の治療装置「S8シリーズ」を発表した。睡眠時にマスクを装着して気道に空気を送り込む経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP)を行うための装置で、豪州ResMed社製。帝人ファーマが「オートセットC」、フクダ電子が「S8レスポンド」の名称で販売する。外形寸法は112×164×145mm、本体重量1.3kgと小さく軽いので、旅行時にも容易に持ち運べる。モーター部をスプリングで支える方式の導入などで、低騒音、低振動を実現した。市販はせず、医療機関向けにレンタル販売する。医療保険が適用されるので、患者は医療機関から月額5000円程度で貸与を受けることができる。

 小型ながら、カードによる使用履歴の管理などができるのが特徴。医師は、使用状況や治療効果の履歴をカードからダウンロードでき、使用状況に応じて、機器の運転条件を設定し直すことができる。患者は担当医の診察を受ける際、カードだけを渡せばよい。

 帝人ファーマはオプションとしてDCコンバータを用意しており、自動車のシガーライタープラグから電源を確保すれば、睡眠時無呼吸症候群を持つドライバーが仮眠時に使用して眠気を防ぐことができる(別売:希望小売価格は1万3000円)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16