2006.02.13

【日本消化管学会速報】ピロリ除菌はEMR後の胃がん再発予防に「効果なし」

 これまで、ヘリコバクターピロリ(Helicobacter pylori)の陽性者では、早期胃がんに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)後、除菌を行うと胃がんの再発が抑制されると考えられていた。

 しかし、EMR後、2年以上経過観察した症例を検討したところ、除菌の有無による再発率に有意差はみられなかった。名古屋市立大学臨床機能内科の片岡洋望氏の研究成果で、第2回日本消化管学会で2月11日に発表された。

 これは、1991〜2002年の間、名古屋市立大学と磐田市立総合病院で実施したEMR125例のうち、2年以上経過観察できた66例(男性49例、女性17例、平均年齢66.3歳)を対象としたもの。ただし、1年以内に再発した症例は除いた。平均観察期間は57カ月だった。

 除菌群は21例、非除菌群は45例で、再発率は除菌群1例(4.8%)、非除菌群4例(8.9%)と、非除菌群の方が多かったものの、有意差はなかった(p=0.55)。初発がんと同部位での再発が多い傾向はあったが、特に部位による違いはみられなかった。

 さらに、この5例の粘膜状態を形質発現マーカーを用いて検討したところ、初発時は胃型がんが約7割を占めたのに対し、再発時には5割が腸型がんであることが分かった。

 これについて片岡氏は、胃型よりも腸型の方が成長が遅いとの報告があることを挙げた上で、「初発時の胃型がんを治療する際に、腸型がんに気づかなかった可能性も考えられる。現在われわれが思っているよりも、多発性のがんは多いのかもしれない」と推測していた。(小又理恵子)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239