2006.02.13

【日本消化管学会速報】ピロリ除菌はEMR後の胃がん再発予防に「効果なし」

 これまで、ヘリコバクターピロリ(Helicobacter pylori)の陽性者では、早期胃がんに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)後、除菌を行うと胃がんの再発が抑制されると考えられていた。

 しかし、EMR後、2年以上経過観察した症例を検討したところ、除菌の有無による再発率に有意差はみられなかった。名古屋市立大学臨床機能内科の片岡洋望氏の研究成果で、第2回日本消化管学会で2月11日に発表された。

 これは、1991〜2002年の間、名古屋市立大学と磐田市立総合病院で実施したEMR125例のうち、2年以上経過観察できた66例(男性49例、女性17例、平均年齢66.3歳)を対象としたもの。ただし、1年以内に再発した症例は除いた。平均観察期間は57カ月だった。

 除菌群は21例、非除菌群は45例で、再発率は除菌群1例(4.8%)、非除菌群4例(8.9%)と、非除菌群の方が多かったものの、有意差はなかった(p=0.55)。初発がんと同部位での再発が多い傾向はあったが、特に部位による違いはみられなかった。

 さらに、この5例の粘膜状態を形質発現マーカーを用いて検討したところ、初発時は胃型がんが約7割を占めたのに対し、再発時には5割が腸型がんであることが分かった。

 これについて片岡氏は、胃型よりも腸型の方が成長が遅いとの報告があることを挙げた上で、「初発時の胃型がんを治療する際に、腸型がんに気づかなかった可能性も考えられる。現在われわれが思っているよりも、多発性のがんは多いのかもしれない」と推測していた。(小又理恵子)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0