2006.02.13

【日本消化管学会速報】ピロリ除菌はEMR後の胃がん再発予防に「効果なし」

 これまで、ヘリコバクターピロリ(Helicobacter pylori)の陽性者では、早期胃がんに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)後、除菌を行うと胃がんの再発が抑制されると考えられていた。

 しかし、EMR後、2年以上経過観察した症例を検討したところ、除菌の有無による再発率に有意差はみられなかった。名古屋市立大学臨床機能内科の片岡洋望氏の研究成果で、第2回日本消化管学会で2月11日に発表された。

 これは、1991〜2002年の間、名古屋市立大学と磐田市立総合病院で実施したEMR125例のうち、2年以上経過観察できた66例(男性49例、女性17例、平均年齢66.3歳)を対象としたもの。ただし、1年以内に再発した症例は除いた。平均観察期間は57カ月だった。

 除菌群は21例、非除菌群は45例で、再発率は除菌群1例(4.8%)、非除菌群4例(8.9%)と、非除菌群の方が多かったものの、有意差はなかった(p=0.55)。初発がんと同部位での再発が多い傾向はあったが、特に部位による違いはみられなかった。

 さらに、この5例の粘膜状態を形質発現マーカーを用いて検討したところ、初発時は胃型がんが約7割を占めたのに対し、再発時には5割が腸型がんであることが分かった。

 これについて片岡氏は、胃型よりも腸型の方が成長が遅いとの報告があることを挙げた上で、「初発時の胃型がんを治療する際に、腸型がんに気づかなかった可能性も考えられる。現在われわれが思っているよりも、多発性のがんは多いのかもしれない」と推測していた。(小又理恵子)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0