2006.02.10

FDAがトラジロールの冠動脈バイパス術での使用に注意勧告、腎不全や心筋梗塞などのリスク増の可能性

 米国食品医薬品局(FDA)は2月8日、トラジオール(成分名:アプロチニン)の冠動脈バイパス術における使用について、充分に効用とリスクを考慮した上で実施するよう、注意を喚起した。これまでにNew England Journal of Medicine(NEJM)誌などで発表された2つの論文で、トラジオールを使用することで、腎不全や心筋梗塞、脳卒中の発症リスクが増加する可能性があるとする研究成果を受けたもの。FDAでは、トラジオール使用に関するリスクについては、現在、徹底した評価を行っている最中で、さらなる措置が必要かどうかについても検討中だとしている。

 NEJM誌に発表された研究結果では、冠動脈バイパス術を受けた人のうち、トラジオールを投与した群で、それ以外の群に比べ、腎不全や心筋梗塞、脳卒中のリスクが高率にみられたという。また、Transfusion誌に発表された研究結果では、トラジオールを投与した群で、それ以外の方法で出血予防をした群に比べ、より多くの腎機能低下が見られたとしている。

 現在、FDAが冠動脈バイパス術中の出血や輸血予防の目的で承認している薬剤は、トラジオールのみだという。FDAでは冠動脈バイパス術の際のトラジオール使用について、(1)トラジオールを投与した場合には、腎臓や心臓、中枢神経系への毒性については、特に注意深くモニターすること、(2)術中の出血を減らすことが、その患者にとって不可欠であり、その効用が潜在的リスクを上回ると考えられる人に対してのみ使用すること――などといった勧告を出している。

 トラジオールの製造元は、米Bayer社(ペンシルベニア州Pittsburgh)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13