2006.02.10

FDAがトラジロールの冠動脈バイパス術での使用に注意勧告、腎不全や心筋梗塞などのリスク増の可能性

 米国食品医薬品局(FDA)は2月8日、トラジオール(成分名:アプロチニン)の冠動脈バイパス術における使用について、充分に効用とリスクを考慮した上で実施するよう、注意を喚起した。これまでにNew England Journal of Medicine(NEJM)誌などで発表された2つの論文で、トラジオールを使用することで、腎不全や心筋梗塞、脳卒中の発症リスクが増加する可能性があるとする研究成果を受けたもの。FDAでは、トラジオール使用に関するリスクについては、現在、徹底した評価を行っている最中で、さらなる措置が必要かどうかについても検討中だとしている。

 NEJM誌に発表された研究結果では、冠動脈バイパス術を受けた人のうち、トラジオールを投与した群で、それ以外の群に比べ、腎不全や心筋梗塞、脳卒中のリスクが高率にみられたという。また、Transfusion誌に発表された研究結果では、トラジオールを投与した群で、それ以外の方法で出血予防をした群に比べ、より多くの腎機能低下が見られたとしている。

 現在、FDAが冠動脈バイパス術中の出血や輸血予防の目的で承認している薬剤は、トラジオールのみだという。FDAでは冠動脈バイパス術の際のトラジオール使用について、(1)トラジオールを投与した場合には、腎臓や心臓、中枢神経系への毒性については、特に注意深くモニターすること、(2)術中の出血を減らすことが、その患者にとって不可欠であり、その効用が潜在的リスクを上回ると考えられる人に対してのみ使用すること――などといった勧告を出している。

 トラジオールの製造元は、米Bayer社(ペンシルベニア州Pittsburgh)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0