2006.02.10

FDAがトラジロールの冠動脈バイパス術での使用に注意勧告、腎不全や心筋梗塞などのリスク増の可能性

 米国食品医薬品局(FDA)は2月8日、トラジオール(成分名:アプロチニン)の冠動脈バイパス術における使用について、充分に効用とリスクを考慮した上で実施するよう、注意を喚起した。これまでにNew England Journal of Medicine(NEJM)誌などで発表された2つの論文で、トラジオールを使用することで、腎不全や心筋梗塞、脳卒中の発症リスクが増加する可能性があるとする研究成果を受けたもの。FDAでは、トラジオール使用に関するリスクについては、現在、徹底した評価を行っている最中で、さらなる措置が必要かどうかについても検討中だとしている。

 NEJM誌に発表された研究結果では、冠動脈バイパス術を受けた人のうち、トラジオールを投与した群で、それ以外の群に比べ、腎不全や心筋梗塞、脳卒中のリスクが高率にみられたという。また、Transfusion誌に発表された研究結果では、トラジオールを投与した群で、それ以外の方法で出血予防をした群に比べ、より多くの腎機能低下が見られたとしている。

 現在、FDAが冠動脈バイパス術中の出血や輸血予防の目的で承認している薬剤は、トラジオールのみだという。FDAでは冠動脈バイパス術の際のトラジオール使用について、(1)トラジオールを投与した場合には、腎臓や心臓、中枢神経系への毒性については、特に注意深くモニターすること、(2)術中の出血を減らすことが、その患者にとって不可欠であり、その効用が潜在的リスクを上回ると考えられる人に対してのみ使用すること――などといった勧告を出している。

 トラジオールの製造元は、米Bayer社(ペンシルベニア州Pittsburgh)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130