2006.02.10

エポエチンベータのがん性貧血への適応拡大が申請、トラスツズマブの胃がん対象フェーズ3も開始

 中外製薬は2005年12月にエリスロポエチン製剤であるエポエチンベータ(製品名:「エポジン」)のがん治療に伴う貧血への適応拡大申請を行ったことを明らかにした。また乳がん対象に既に販売されている抗体医薬品であるトラスツズマブ(製品名:「ハーセプチン」)の胃がんを対象にしたフェーズ3多国籍共同治験に1月に参加したことを公表した。同社が2月9日に開催した決算説明会で明らかにしたものだ。

 中外製薬は決算説明会で2006年に8品目の承認申請を行うことも公表した。1月31日付けで乾癬などの治療薬であるマキサカルシトール(製品名:オキサロール)のローション剤の申請を行ったほか、2006年前半にベバシズマブ(対象疾患は結腸・直腸がん)、エルロチニブ(非小細胞肺がん)、トシリズマブ(関節リウマチ、全身型若年性特発性関節炎)などを、2006年後半にトラスツズマブ(乳がんアジュバント)などの申請を行う計画だ。また、新たな抗体医薬品として抗グリピカン3抗体など3種類の抗体が2007年には臨床入りする見通しであることも明らかにした。

 なお、がんの骨転移、悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症を対象に開発していたヒト化抗PTHrPモノクローナル抗体、卵巣がん、非小細胞肺がんなどを対象に開発していたポリグルタメート化パクリタキセルの開発は中止した。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:129
  2. その開業話、本当に進めても大丈夫ですか? その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:19
  3. 清掃中に生じた精巣痛の原因は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:32
  4. 「教えるプロ」に学ぶ、下部消化管内視鏡検査 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:2
  5. 脳梗塞に対するt-PA投与をiPhone使って判… トレンド◎日本初の保険適用アプリ「Join」、入院日数・医療費減にも効果 FBシェア数:348
  6. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1300
  7. 燃え尽きる前に、やるべきことは1つ! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:201
  9. デパス向精神薬指定の根拠とは Interview FBシェア数:148
  10. 天才は、扱う人間を格付けする意味で罪作り!? 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:0